10月8日 長崎くんち


Published by デジブック

久しぶりに長崎の友人に用事があって電話をすると明日からくんちがあるから来ない?桟敷も用意しておくと言う。なんとラッキー!ルンルン気分で朝6時15分発の高速バスに乗ってノンストップで2時間で会場に着いた。丁度始まったばかりだった。最初に7福神の踊りがあって次々とだしものが出るのであるが、まず観客の掛け声に圧倒された。よいやーー。持ってこーい(アンコール)観客参加型のお祭りで今までに体験したことのない熱気を感じた。長崎の自称くんちおたくの友人の説明を聞きながらあっと云う間に午前中は過ぎてしまった。7年に一度町内が持ち回りで当番を務めるもので7年間の間に資金集めをしたりその他の準備をしたりするそうである。今年は6町内の傘鉾や蛇踊り、船(博多のやまのようなもの)長崎見番からは美しい芸者さんの本踊りなど日本情緒溢れる生の伴奏やその他長崎の持つ異国情緒溢れる独特の文化を多いに満喫した。そのあとは中華街でご馳走になりオランダ坂などの西洋建築を見物して帰宅した。この次はランタン祭りにおいでといわれたので、長崎も身近な存在になりそうである。
[PR]
by vanve1013 | 2009-10-09 15:36 | 日記 | Comments(0)