なた漬けとじゃこ天、めんたい天

d0087639_20244040.jpg


NHKの朝の番組で大根の甘酒漬けをみて早速作ってみた。しかし私が見たときは漬けるたれの分量のみだったが、後は自己流で大根を塩付けしてたれにつけこんだ。余り期待はしていなかったがこれはおいしー!!大根のべったら漬よりも甘さ控えめな上品な味になった。その後本当の作り方を知りたくて探していたが、やっと見つけた。名前はなた漬という。私のやり方はそうとう手間を省いたものだったがそれでも美味しくできた。そういえば先日甘酒に味噌をいれて鮭をつけこんだものをY様から教わったが酒粕はなかなか食品としても栄養もあり買っておけば重宝するものだ。
もう一つの食物は先日下関に行った折村田蒲鉾店へ寄って買ったじゃこ天とめんたい天である。これがまたおつまみにも、おやつにも、おかずにもなるおいしさであった。口の中でぷちぷちとはじける触感がたまらくもっと買ってくれば良かったと思うぐらいだった。ここの蒲鉾は有名だそうで今日近くの大型スーパーでは蒲鉾を売っていたが値段もふつうの2倍以上していた。しかし私の求めていたものは売っていなかった。またデパ地下の楽しみが出来た。
なた漬けの作りかたはNHKのホームページからコピペしました。



なた漬け  エネルギー:310kcal(全量) 調理時間:20分(大根に塩をして一晩おく時間を除く。)


(つくりやすい分量)
・大根 1/2本(500g)
----------
【A】
・甘酒* 200g
・酢 小さじ1
・砂糖 大さじ2
----------
・赤とうがらし 1/2本
(塩)
*米と米こうじを発酵させたもの。


1. 大根は皮をむき、縦に四つ割りにし、3~4cm長さの乱切りにする。

2. 鍋に湯を沸かし、大根を約1/3量ずつサッと湯にくぐらせ、ざるに上げて冷ます。冷めたらボウルに移し、塩小さじ2をまぶして、皿などでおもしをして一晩おく。

3. 2の大根をざるに上げ、水けをよくふく。

4. 別のボウルにAを入れてよく混ぜ合わせる。大根と赤とうがらしを加え、ざっと混ぜて全体をなじませる。密封できる保存容器に入れ、冷蔵庫に置く。

●2時間後から食べられ、冷蔵庫で約1週間保存可能。

※きょうの料理テキスト2010年1月号に掲載されています
[PR]
by vanve1013 | 2010-01-26 20:59 | 簡単で美味しい料理
<<  森瑤子のオカカサラダ 日帰りツアー後記 >>