鰯と大根の酢煮

d0087639_18532877.jpg


最近私の身近な友人が思いがけない事故?病気?にかかっている。いつも自分の家に招きご馳走してくれる元気なkimikoさんが松葉杖をついて玄関に現われた時はなんだか痛々しかった。自宅の絨毯に引っかかって足の指を骨折したという。しかも運転してくれた近所のmisakoさんまで介護でぎっくり腰になって運転は出来るけど治療中である。私も気をつけねば人事ではないようだ。そんなわけで料理も儘ならない彼女のために教室の試作品を作ったのでお見舞いを兼ねて持参した。今が旬の北海道のまだらを使ったメインの鱈とポテトのグラタンと紅茶味の濃厚なプリン風のものにメレンゲのお菓子を持参した。彼女もサラダとスープを用意してくれていて久しぶりにかしまし3人娘のおしゃべりと食事を楽しんだ。帰り際今晩のおかずにと彼女がつくってくれたのが私の好物である鰯と大根を煮たものだが最後に酢をたっぷりいれて炊くのが特徴でさっぱりして大根がいくらでも食べられる。こんな素朴な料理が昭和の味と香りがして私は好きである。持参したグラタンとデザートは彼女たちのお墨付きをいただいて今月の末から始まる教室のメニューに決定した。




材料
鰯生  5匹
大根1本
昆布
煮干
唐辛子

作り方
鰯は塩少々しておく。
大根は拍子切り
鍋にごま油をしいて大根を炒め、鰯の1匹をを4等分に切った物をいれ、唐辛子1本をいれ水をさす。味付けは醤油、みりん砂糖で味付けし大根が煮えたら最後に酢を半C(好みでもっとしてもよい)いれサッと煮る。
[PR]
Commented by yyyanoy at 2010-02-12 21:04
これよさそう、やってみます。
Commented by vanve1013 at 2010-02-12 23:46
YYY様
最後に酢を入れるとすっぱさはなくさっぱりとなるのが不思議です。でひおためしを!
by vanve1013 | 2010-02-10 19:38 | 簡単で美味しい料理 | Comments(2)