ちゃんぽん

d0087639_7361957.jpg


旅の楽しみの一つはやはり食べ物である。長崎といえばちゃんぽん発祥の地である。丁度お昼すぎについたので荷物を友人宅においてからまずは腹ごしらえとyasuyoさんがよく家族で行くという中国人の楊さんがやっているお店(YOIYA)に連れて行ってもらいました。どうしてちゃんぽんと言われる名前がついたかと尋ねると、ある中華料理屋のまかないでつくる料理から生まれたのだという。少しずつ余った材料をいためて麺の上にかければそんなに時間はかからない。なるほどと納得!しかしそもそもちゃんぽんにするという日本語らしからぬ日本語は??やはり長崎からかなー?名前が先か?料理が先か?日本語ボランティア養成講座を受けた私としてはこれはぜひしりたいところである。
お店の熱烈歓迎の旗の間を通り抜け階段を上ると、いかにも中国人のお店の雰囲気が漂ってくる。なんとちゃんぽんだけを食べるのに個室に通された。彼女がいかに常連かがわかる。けっしてパンフレットに載ったり派手に宣伝されているお店ではないがその味は私を唸らせた!スープ、麺、具のどれをとっても素晴らしかった!スープは鶏がらがベースなのだが海鮮の濃厚な味がしっかりしていていつもは残すスープはほとんど残さなかったぐらい美味しかった。麺も初めての感触の麺で、具にはなんとぷりぷりの牡蠣が乗っていた。心も身体も満足してその後、長崎のランタン祭りの街の雰囲気を楽しみながら、興福寺へと向かった。

宵弥(YOIYA)TEL095-825-4188 長崎市万才町10-12 2F
[PR]
by vanve1013 | 2010-02-23 08:15 | グルメ
<< 長崎の興福寺と仏手柑 長崎ランタン祭り >>