フィヨルドと山岳鉄道


海岸から深く切れ込んだ入り江の全長204Kのソグネフィーヨルドは世界最大のフィヨルドでここも昔から是非訪れたいところの一つであった。周囲には高い山々が連なり幻想的な風景が次々現われその間を船はゆっくり進む。その一部は世界遺産にも登録されているフィヨルドもある。、フロムからは山岳鉄道に乗り、ミルダールでおりココからはベルゲン急行に乗り換えボスで降り、ロストフースにあるハダンゲルフイヨルドを見下ろすホテルウレンスヴァンに向かった。ここは1840年創業で王室の方々、著名人もしばしば訪れる伝統的なリゾートホテルで作曲家のエドヴァルド、グリークが愛したホテルで、彼が作曲をした小屋やピアノもそのまま庭園内に遺されていた。実物大の木彫り像があるので横にたってみると意外と小さくて小太りな体形だったようだ。ここで2日過ごした。
[PR]
Commented by koyomi72 at 2010-03-26 23:41
デジブックを楽しんでいます。
きれいな画像ですね~!
冬の苦手な私目も出かけてくなります。

湯布院の桜を堪能してくださいね!
Commented by vanve1013 at 2010-03-27 07:45
koyomi様
是非是非体力のあるうちに出かけてください。いろいろアドバイスしますから。オーロラだけでなくノルウエーの風景も素晴らしかったです!!
by vanve1013 | 2010-03-25 23:28 | | Comments(2)