フランス最終日 フランス人の摩訶不思議

パリ便り
パリは連日25度の心地よい気温ですが風があると寒く感じます。1ヶ月の滞在中猛暑の時は4,5日だっただけでした。いよいよ最終日になり連日出かけたせいか少々疲れ気味なので帰国の時間までのんびりとすごしています。日本では冷房があるのが当たり前ですがほとんどの家庭にはれいぼうがなく、逆にバスや地下鉄にのると暑いぐらいに感じます。ここにきて不思議に思うのはフランス人は夏でも帽子をかぶらないし、まして傘なんて論外である。どこを歩いてもそうであるし、私がついてまもなく紫外線よけの手袋をしていたら娘がびっくりしてお母さんその手どうしたのと怪我したのかと勘違いされた。そんな訳で帽子をかぶるのも気がひける。バカンス先でも魚屋のお兄ちゃんから帽子ステキですねと珍しかったのか?ほめられた。ここから先は人から聞いたり娘に聞いた話なので真意のほうはわかりませんが、鼻水はティッシュでなくハンカチで拭く。そしてそれを洗って何回でもつかうそうである。エ-あのぬるぬるしたものを?先日デパ-トで日本人の店員さんと話をしていたら日本人の中年の女性がハンカチを探しているといって聞いてきたが、店員さんが説明したところフランス人はハンカチは使わないとの事で売り場がどこにあるか知らなかった。顔をあらうのは化粧水?これはフランスにきてから化粧落としの際化粧水で顔を拭き、朝も化粧水でふくのが習慣になったら肌の調子がよく目のしたにくまが出ることはなくなった。食事の時鼻水をチ-ンとだすのはいいが、ハクションはぐっと堪えるのがエチケットだそうでこれは娘がしていたので間違いない。郷に入れば郷に従えというがいろいろ理解できないことも多いフランスであるが社会保障だけは関心するほど充実しているのは間違いない。これは又日本に帰国してから報告したい。ナオ、婿殿、ゆうちゃん、メルちゃん楽しく過ごさせてもらいありがとうね。こんどあえる日を楽しみに日本で待っているからね。


[PR]
by vanve1013 | 2010-07-28 15:12 | 日記 | Comments(0)