バカンス



思いがけず娘の家族とフランスのバカンスを経験することになり、ノルマンディー地方のモンサンミッシェルから更に北のJULLOUVILLEという所で1週間近く過ごしました。ここは婿殿が17歳までバカンスで過ごした思い出の土地であるらしく昔の別荘は人手に渡ったが今も残っていた。フランス人のバカンスは年間5週間あるけれど娘たちはその内3週間を夏にとっている。毎年場所を変えて婿殿のご両親と家をひと月借りてシェアしているらしい。パリからは5,6時間かかってきたが、道路は車に荷物をもてるだけ積んで、後ろの座席は荷物でいっぱいになる。しかもボートや、バイク、自転車、あげくは愛馬までつんでいるのには驚いた。
家についても結局娘は家事に忙しいしのんびり過ごしてはいない。婿殿はもっぱら子供の世話をしてこちらも忙しそうであった。バカンス先では子供や大人のカルチャーセンターが用意されていて孫たちも午前中は海でさまざまなクラブに入ったり、テニスをしたりいろいろ楽しむことができるしその間は大人もゆっりできる。昼は家で遊んで、夕方から又散歩をしたり海で遊ぶ。パリでは出来ない外での食事は本当に楽しかった。メルちゃんが別れる朝いつもは遅くまで寝ているのに眠たい目をして起きてきて、あーちゃんオボアー(さようなら)と何時までも手をふり、泣き顔で見送ってくれた。愛しいかぎりである。新幹線がでるサンマロまで1時間かかり、娘が車で送ってくれた。気候にも恵まれ貴重な体験もでき本当に楽しいバカンスであった。娘夫婦に感謝!感謝!である。ありがとうね!そうだ!今日は、娘の誕生日だった!おめでとう!!
[PR]
by vanve1013 | 2010-08-11 00:44 | 日記
<< パリ祭 パリの料理学校 ル コルドンブル >>