パリ祭



7月14日はQuatorze Juillet(7月14日)」と呼ばれ、「パリ祭」は日本だけの呼び名である。この日は国民の休日である。当日はシャンゼリゼ通りでは軍事パレードが行われサルコジ大統領とあの有名な奥様も出席されるとのことである。その前日の前夜祭にはあちこちで夕方から前夜祭が行われ、娘の自宅の前の大きな公園でお祭りが行われ夕方からぞろぞろ人々があつまり公園のなかでは音楽やダンスパーティーなどなどいろいろ催行される。夜10時を過ぎたところからようやく暗くなり始め10時半から11じごろからやっと花火大会がある。娘の自宅の7階から見えるので迫力満点なのだが、なにか違う??日本の花火を想像していたが迫力はあるが繊細差が違う。やはり日本の花火の技術の高さを思い知らされた。日本の花火は世界に誇れる花火だと思う。花火が終わる頃はあちこちの地区で花火が打ちあがっているのが見えた。
[PR]
by vanve1013 | 2010-08-12 13:04 |