ヨーグルトケーキとつまんでご卵

d0087639_2141915.jpgd0087639_2171726.jpg


今日は糸島市のフランス人の友人のお宅へ訪問しました。彼が作ったヨーグルトケーキはキャトルカール(パウンドケーキの原型になったお菓子)と違ってバターは全然使わずにヨーグルトとサラダオイル、卵、小麦粉、ベーキングパウダーのみで作ったお菓子です。ただ混ぜて焼くだけの簡単なケーキで味もとても上品であった。砂糖は日本人の好みで半減したとか。。おそらくフランスのお母様のレシピーであろう。分量もヨーグルトのカップで計る方法がとてもユニークで親しみを感じた。帰り際先日私が忘れて帰った器に母のためにとケーキが入ったタッパーを渡されたので、帰宅して開けると、ケーキの上に自家製のパセリ2種が飾られており、しかもパセリの茎にはちゃんと水分補給がされていた!この心遣い!彼の優しさとセンスを感じられ思わずパチリ!!もう一つは奥様が買ってきてくださった糸島半島の有名な卵でここの卵を使ったロールケーキも有名である。ネーミングが又チャーミングでつまんでご卵(らん)で本当につまんでみたくなる。これは明日頂くことにして、ヨーグルトケーキとエジプトのお菓子は近日中にぜひ作らなくちゃー。こんな簡単で素朴なお菓子のほうがどんな豪華な飾り立てたお菓子よりも私は好きである。
[PR]
by vanve1013 | 2011-03-02 21:48 | グルメ | Comments(0)