画家 佐藤渓




偶然湯布院保養ホームの食事の時同じテーブルで佐藤渓さんの妹さんとご一緒することになった。丁度湯布院美術館の創立20周年記念で彼の作品がで沢山見られることを知り散歩の時に寄ってみた。水彩画も沢山あり自身の詩の書もあり大変見応えがあった。そして昔懐かしい建物も必見で窓枠を切り取ったところから見る風景も立派な自然の絵画になり楽しかった。彼の妹さんの話では日本中を放浪しながらある時はダンボールで箱車を作って公園で暮らし、絵を描きながら生計を立てて旅先で倒れ最期は当時両親が住む湯布院で42歳の若さでなくなられたとか聞きました。前日訪れた<わたくしの美術館>の館長さんとも交流がありわざわざ倉庫から彼のデッサンを出して来て見せてくださった。佐藤渓さんのデッサンは下からどうぞ!



d0087639_17575859.jpg
d0087639_17582611.jpg

[PR]
Commented by yyyanoy at 2011-10-22 15:25
いい保養でしたね、一生懸命やったあとはご褒美がいただけるんですね。よかった!よかッた!

Commented by vanve1013 at 2011-10-22 20:23
yyy様
湯布院の自然がそのまま残っている限り通うつもりです。癒されますよー。
by vanve1013 | 2011-10-21 17:34 | | Comments(2)