セザンヌ展

d0087639_949387.jpg


20数年前パリ滞在中にクリスマスバカンスを利用して亡夫と次男と南仏を1週間旅をしたことがありました。夫はゴッホが大好きだったのでアルル、私はぜひともセザンヌのアトリエを見たかったので、わざわざマルセイユから列車を乗り換えてエックスアンプロバンスに行きました。夫と子供は興味がなかったらしく私はひとりでバスを利用して目的地で下り、てくてくと坂道を登っていくとそこにアトリエの看板があったのを覚えています。なぜか誰もいなくひっそりとしていて管理人の方が出てこられ説明してくださいました。その時のアトリエが今回ほぼ同じく再現されていて懐かしいでした。その時買った本が写真のもので裏面にはそのアトリエも載っていました。国立新美術館で開催されていてセザンヌだけの出品でしたので見応えもあり素晴らしいでした!出口で友人のsetukoさんと待ち合わせ彼女が推薦する近くのNHKで良く出演されている孫さんのレストランで昼食をしましたが薄味の上品な味は私好みでお昼コースで頼んでも2100円と値段もリゾナブルで本当に美味しいでした。それぞれ別のコースを頼んでも半分の量(メイン)でお皿に盛ってサービスしてくれるので女性にとっては有難いと思いました。ビールも美味しかったなー。店を出てきた時にはやはり評判どおり沢山の人が並んでいました。
[PR]
by vanve1013 | 2012-05-23 10:41 |
<< picasa 金環日食 >>