フェルメール

d0087639_1149597.jpg


9月13日 フェルメールの真珠の耳飾の少女を見るために友人のmisakoさんと急遽行くことになり教室のあとホテルの予約をとり、翌日シニア割引の航空券を利用して上京した。まず上野に直行して公園内の韻松亭で昼食を済ませ東京都美術館へ向かう。ところが中に入るだけでも数時間待ちそうな人だかり!係りの人が20時まで開館しているので、夕方来られたらすぐは入れますよとのアドバイスを受け、国立西洋美術館で開催されているベルリン国立美術館展の真珠の首飾りの少女を先に見ることにした。こちらの方はすぐ入れてゆっくり見られ、特に17世紀絵画の黄金時代のレンブラントの傑作が見られ感動しました。そして常設の松方コレクションをみたらすっかりくたびれて、一度竹橋のKKRホテルに戻って休むことにした。ホテルで昼寝をして元気を取り戻し又上野に行くと待たずにすぐ入れたものの、肝心の少女の絵の前は人だかり!昔上野のパンダ騒動を思い出させるほど一番前に見るための行列が20分まちとかで私たちはロープのほうの最初の列になんとかたどり着きゆっくりと見ることができ大満足した。夜は最上階のフレンチレストランで泊り客特別メニューがコースであり、ピアノ演奏を聞き、夜景を見ながらのの食事は最高だった。
[PR]
by vanve1013 | 2012-09-17 13:01 | | Comments(0)