足立美術館と島根県立美術館

d0087639_1919180.jpg

d0087639_191914.jpg
私が長年通っていた湯布院の保養ホームが6月に閉鎖され、島根県の玉造温泉の健康増進ホームから案内を貰って21日から3泊で思い切って出かけました。岡山から特急やくもに乗り換え5時間近くかけてやっと着きましたが湯布院とはまるで違いふつうの温泉街の中にありました。2日目は以前から行きたかった足立美術館に行くと館内の至る所にある窓からは庭園がまるで額縁や掛け軸のようにみえその美しさに魅了されました。館内では日本画壇の巨匠たちの絵が並び中でも秋の特別展示の横山大観の紅葉は迫力満点でした。その他河井寛次郎と北大路魯山人の陶芸作品も数多く見られ大満足でした。そして宍道湖畔に建つ島根県立美術館では丁度伊藤若冲の特別展をやっていた。洋画の所蔵の中には私の好きなラウルデュフィのニースの窓辺を見られラッキーでした。夕方5時すぎになると湖畔に沈む夕日を見る沢山の人で賑わう。私もパチリ!夕日が真っ赤に染まりあっという間に沈んでいった。私のスマホのカメラでは真っ赤には映らなくて残念!ここの美術館は九州国立博物館を設計した菊竹清訓さんで素晴らしい建築物でした。




[PR]
by vanve1013 | 2015-10-27 19:19 |