夕景

d0087639_21344527.jpg

福岡市は連日35℃の暑さです。どうしても買い物があって久しぶに天神へ出かけたがまるでサウナのような蒸し蒸しした気候である。
今日も夕日がきれいだったのでパチリ!

そして最近友人のsetuko さんからメールがきて心に留めたいと思うようなある作家の言葉が素晴らしく忘れないように書き留めたいと思う。

「…若さの何かを知らずに少年期を去り、結婚をよく知らず結婚し、老境に入るときも、自分が何に向かって歩んでいるかを知らない。…

老人は自分の老齢に無知な子供であり、この意味で人間の世界は未熟な惑星なのである。(クンデラ)

アメリカ人作家メイ・サートンは『独り居の日記』で孤独と孤立を区別してる。孤独は可哀そう・残念に思う、孤立は自ら選び取るものとあった。
とsetukoさんのメールから教わりました。



[PR]
by vanve1013 | 2017-08-04 21:53 | 日記 | Comments(0)