タルトタタン?

フランスの古城で有名なロワール河流域のソローニュ地方の有名なお菓子です。名前の由来は、タタン家の姉妹が作ったのでそこからタルトタタンの名前がついたのだそうです。
日本のアップルパイとは見かけも味も全然違います。私も秋が来ると毎年すぐ作り始めます。それは紅玉が出始めあっという間になくなるからです。私が教室をしていた時最後のクラスになると長野県産がなくなり青森産になっていて1ヶ月ほどで消えてしまいました。もし、あっても値段がものすごく高くなるからです。あるとき市場のおじさんに尋ねたことがあり、その説明によるとお菓子屋さんが買い占めてなかなか確保するのが難しいと言っていました。紅玉の酸味がお菓子には最適と言う事でしょうね。あめ色になるまでしっかりとりんごを焼いてからパイ生地を載せて焼くというシンプルですが難しいお菓子のひとつです。
[PR]
by vanve1013 | 2006-10-09 16:03 | 日記
<< 玄米チャーハン(genmai ... 秋のテーブルセッティング >>