ウイキョウ

毎月必ず1,2度は訪れる、天神の渡辺通りにある百旬館へ行きました。ここはプロの料理人が特殊な食材を求めていく所として知られているところです。今日はここで何も献立の予定もないのに、余りにも立派なウイキョウについ手を伸ばし購入しました。ここまでの大きさにそだつには何年もかかるに違いないのに、値段も安く、嬉しくなって買ってしまった。
日本名はウイキョウ、英語ではフェンネル、フランス語ではフニュイと呼び名がついていますが、南ヨーロッパが原産のせり科に属し日本では、もみがらのように種子を乾燥したものがハーブとして売られていることが多いです。葉の部分は魚のおなかにつめてオーブンで焼いたりしますが、根茎部のほうは料理に、サラダやスープ,炒め物など用途が多いです。前記にいわしのグラタンを紹介しましたが、甘い香りが魚の生臭みをけしてくれ、南仏には良く使われる食材です。さてどんな料理を作ろうかなー。
d0087639_2059732.jpg

[PR]
by vanve1013 | 2007-05-08 21:12 | 日記