お煎茶道

鹿児島からみどりさんが、尋ねてきてくれました。あの奄美から鶏飯(前記)の作りかたを教えてくれた私の生徒さんの一人です。この暑さで、ばて気味の私に、彼女が持参の鹿児島のお茶で美味しいお茶を入れてくれました。お煎茶の小笠原流の免許皆伝の腕前を持っているので当たり前のことだけど、本当にその味に感激してしまいました。お道具は適当にありあわせのものでしましたが、今日は自分で入れました。その所作までは会得できませんでしたがなんとか美味しいお茶が入りました。一服のお茶も心をこめて入れると、とても贅沢な時間が過ぎていく気がしました。みどりさんありがとね!!

d0087639_20391579.jpg

[PR]
by vanve1013 | 2007-08-10 20:41 | 日記