2月16日  サトイモの白煮

今日は珍しく和食をきちんと作ろうと思い、一番だし、2番だしを作りました。
そこで先日見たサトイモを塩と砂糖、みりんだけで煮る料理を思い出し作ってみました。白煮とは和食では、よくある作り方らしいのですが、初めてしりました。キチンと出しをとったせいかまるで料亭で出されるサトイモの煮物のようでした。
大きなサトイモ3個に砂糖大3、みりん大1、塩小1弱とひたひたの出しで煮ました。最後にゆずの皮のみじん切りを振りかけると更に美味しさもアップしました。

d0087639_2152174.jpg




<1番だしの作り方>
昆布だしを最初にとる。
水1Lに昆布15センチ角を水につける。(夏は30分、冬は1時間以上つける。
強火にかけ鍋のそこに気泡が出てきたら沸騰する寸前に引き揚げる
<鰹節の出し>
昆布だし1Lを冷ましておき沸騰したら火を止めて鰹節20g入れ、そのままおいてから落ち着いたら漉す(絞らないこと)

<2番だし>
一番だしをとったかつぶしと昆布をいれ水4Cwoいれ始めは強火にかけ沸騰させる。
一つまみの鰹節を入れ地位日にして10分から15分にて漉す。

<いりこ出し>
水1Lにいりこ30gの内臓をとったものをつけて暫くおく。
中火にかけ沸騰したら弱火にして5ふんから6分煮る。
[PR]
by vanve1013 | 2008-02-16 21:26 | 簡単で美味しい料理
<< 2月17日  しいたけの駒打ち 鹿児島の黒いわラーメン >>