8月6日  ソウル一人旅その3 世界文化遺産 昌徳宮



昌徳宮(チャンドックン)は1405年景福宮についで2番目に建てられた朝鮮王宮である。
景福宮が平地に建てられたのにたいしてこの昌徳宮は山の麓に位置し自然と見事に調和してその原型が現存していることが認められ1997年ユネスコ世界文化遺産に登録された。
宮殿の入り口では日本語ガイドツアーを希望する人たちがすでに待っており、私も参加することにした。1時間20分4Kちょっとの道のりをゆっくり説明を聞きなが歩くとのこと。ところが丘陵を活かして建っている宮殿はやたらと石段や急な登り坂が多い。丁度NHKドラマチャングムの撮影された池あたりで休憩になったので少し足を揉み解し、又再度歩き出した。ここが最後の石段でここを上ったら平地になり、出口はすぐですからがんばってくださいね!とガイドさんの声が聞こえた。他の人もこの暑さと石段でかなり疲れた表情である。
ところが最後の石段を上がりかけたところ両足の筋肉がつって、ついに座りこんでしまった。よく足はつるほうだが同時に両足とは!!死に物狂いで親指を両方手前に引っ張ると筋肉痛はまもなくとまった。なんとか落ち着き、やっと最後の石段も登りきったのだがそこにガイドさんが車を手配してくれたみたいで、私と80歳ぐらいの杖を突いてあるいている女性を2人乗せて出口まで送ってもらった。これってゴルフ場の車では??第一日目からこんな事で大丈夫かなーと不安になったがこのあと又もっと大変なことが起こってしまった!
[PR]
by vanve1013 | 2008-08-06 18:29 |
<< 8月7日 旅行保険 8月5日 北村地区韓屋と冬ソナロケ地 >>