8月8日 ソウル一人旅 (その4) 南大門市場

ソウル2日目の午前中は思いがけず、病院で過ごしたが、お昼の食事を終えて近くの南大門市場を見物に行くことにした。福岡ではよくテレビでここが紹介されるので、是非いきたかった場所のひとつであった。
南大門(崇礼門)は1398年に完成した城郭の門で、生憎、今年はじめ火災で消失してしまいました。、2,3年後には再建されるようで現在は写真入りの幕で囲まれ復元工事中でした。その近辺に広がる南大門市場はソウル市民と観光客も沢山集まる場所で活気にみちていました。
ここにきたらいろいろ買い物をしたり、珍しいものも食べたいと思っていたものの、身体の調子もまだ回復しない中さーっと通り過ぎて早めにホテルに戻りました。
順番が逆になりましたが、これで私の一人旅もおしまいになりました。いろいろありましたが、
楽しく、思いで深い旅が出来ました。若いときと違い、私もシニアになり、これからは、おんぶに抱っこのツアーが心配やリスクがなく、安心だと思いました。まだ心残りがいっぱいあるのでソウルにはもう一度訪れてみたいものです。

d0087639_7161674.jpg

[PR]
Commented by yyyanoy at 2008-08-08 14:51
旅行の楽しみのひとつは地元の市場ですね。
いろいろにぎやかなこと、またいきたくなるのでは・・・・。
Commented by vanve1013 at 2008-08-08 17:30
yyy様
私はどこに行っても市場は必ず行きます。そこにすむ人々の息吹とエネルギーを感じるところだと思います。
今回は身体を壊したので折角南大門市場に行っても食べれませんでした。もう一度是非いきたいと思っています。
by vanve1013 | 2008-08-08 07:27 | 日記 | Comments(2)