世界遺産カッパドキヤ

d0087639_21431967.jpg


4月19日 今回のトルコの旅のハイライトであるカッパドキヤは是非一度は見てみたいと思っていた場所だった。100平方キロメートルに広がる台地にきのこの形や煙突の形、その他奇岩があちらこちらに広がってまるでこの世のものとは思えない不思議な感覚に襲われます。3世紀半ばローマ帝国の弾圧を恐れたキリスト教が隠れ家として岩の中に息を潜めて暮らしていたところでした。1965年に発見された地下都市も地下8階まで入れてそこには礼拝堂やキッチン、ワイン醸造所、寝室などなど全て揃っていました。午前中は観光して昼食は洞窟レストランで食事をしてトルコの首都アンカラへ向かいました。列車に乗る前に駅の構内にあるレストランですき焼き風の食事をしてアンカラエキスプレスの1等車でイスタンブールへ向かいました。疲れもありぐっすり眠れました。
[PR]
by vanve1013 | 2009-04-25 22:22 |
<< 4月19日 イスタンブールへ コンヤからカッパドキア観光のため移動 >>