<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

世界一

りんごが出回る時期はまずは紅玉を買うのが楽しみですが今日は世界一を珍しく買ってみました。これ一個でアップルパイが出来るかなと思い、カナダに住んでいた時エレノアさんから習ったapple crispというパイを作ってみました。カナダ時代(38年前)の古いノートには生憎分量しか書いてなく昔の記憶をたどりながらでしたができました。これはりんごを型に敷き詰めて上にパイ生地をぱらぱらと載せるだけで出来るので生地をつくるのが面倒な時や急ぐときなどよく作ったものです。写真は紅玉と世界一の大きさを比べたものです。作り方は後日このページに載せます。 


写真の上のマウスを乗せたらapple crispが見えます

[PR]
by vanve1013 | 2007-10-25 07:11 | 日記 | Comments(5)

引越しします

今月30日にいよいよ母と同居のため引越しすることになりました。中央区から早良区の有田へバスで30分のところです。2世帯が1世帯になるのでほとんど家具を処分していくことになりました。一番悩ませたのは教室で使っていた特注の大テーブルで長さが270センチもあり結局ベランダからつるしておろすことになる。もう一つは娘のピアノである。あちこち業者に電話したら30年近くのピアノは中古にもならないらしい。私も掃除のついでに弾くことがあるけれど使用には全く問題ない。処分をおねがいするにも2,3万かかるらしい。どうしようかと悩む。思い切って狭いところに押し込むことか??誰か貰ってくださる人はいないものだろうか??
[PR]
by vanve1013 | 2007-10-22 19:13 | 日記 | Comments(4)

てげてげ

先日思いがけず懐かしい人から届いたのが写真の本である。著者はあの指宿のグリンピアを落札した企業の社長である。当時医学の博士論文の指導を受けるために、社長と医者の2足のわらじを履いて孤軍奮闘中であった。夫はその時の指導教官であった。亡夫の葬式の時、又私が夫の遺稿集を出版したときなど大変親身になってお世話して下さったこころ優しい人である。知らなかったがその後高野山で仏教を学んだらしく、働くことの意義を分かりやすく説いてあった。その本の中でてげてげという言葉があった。鹿児島の人間であればだれでも日常的に使われる言葉で程々という意味である。”てげてげにしやさんせ”というとほどほどにしなさいよという意味である。人生てげてげでいいのだと最近気がついた。若いときは怠け者みたいでいやだったが歳をとったらてげてげがちょうど良い。最近はパソコンに夢中になって首をいためたり、腱鞘炎になりかけたりした。ものの見方もてげてげにしたらどんなに楽か?でもなかなか実行できない自分がいる。
著者は現在最先端医療と末期がんの週末期医療の施設をグリンピア跡地に建設中であるとかますますのご健闘をいのるばかりである。
d0087639_2210939.jpg

[PR]
by vanve1013 | 2007-10-17 22:51 | 日記 | Comments(3)

bunの帰国

次男のbunが今月の1日から2週間の予定でウインから帰国した。
建築の勉強のため工科大学の修士課程で学んでいる。1年ぶりの再会に料理も普段になく頑張りました。あれもこれも食べさせたいと思うとつい財布の紐もこのときばかりは緩む。
マーよく食べてくれました。ウインのお土産に丁度私の誕生日もあり赤ワインを持ってきてくれた。その他ベーコン、ハム、ソーセージも美味しいので今年も持ってきてくれたのだけど、なんと空港で没収されたとかで残念!!このワイン美味しかった!忘れないためにパチリ!又来年もよろしくね!
d0087639_16522493.jpg

[PR]
by vanve1013 | 2007-10-14 16:56 | 日記 | Comments(3)

タルトタタン その2

d0087639_12513693.jpg


昨年もタルトタタンを紹介しましたが、今回はりんごを皮ごときり目を入れて焼いたところ、紅玉の赤い皮が見た目も美しくしかも半分の時間で出来ました。是非お試し下さい。作り方は前回と同じですので、紅玉の出回るこの時期是非お試し下さい。
[PR]
by vanve1013 | 2007-10-12 13:04 | Comments(2)

collage

久留米の草野地区の写真をピカサを使ってコラージュにしてみました
d0087639_2225572.jpg

[PR]
by vanve1013 | 2007-10-01 22:03 | Comments(6)