<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

10月29日 湯布院後記 美術館

d0087639_7281781.jpg


湯布院にはさまざまな個性的な小さな美術館があるけれど、もうほとんど見て廻った気がしていたけど、今回偶然にも文化人、芸能人の多才な美術展があるところで開かれているというので母と出かけた。原っぱに大きなテントが建てられていて、えーこんなところでと不思議な気がして歩いていくと警備員が2人立っていた。中に入ろうとするとちょっと待っていてくださいといわれ数分待っていると、女性が写真の本を抱えて現れた。
なんとその日は作品の撤去をしている様子で「大変申し訳ありません!実は地主と問題があって今日中に作品を他の場所に移さなくてはなりません。契約上のミスからお客様にご迷惑惑をおかけしましたので、この本を差し上げます」と云われ頂いたのが写真の本であった。残念!であるがしかたない。その本の編集者らしく、暫く椅子に腰掛けていろいろお話をきいていると、この企画は文化財の保存活動のためのチャリティーの美術展であるらしく、芸能人は勿論、歴代の首相や政治家の絵や書、歌舞伎役者などなど。素晴らしい本を頂いた。全国を廻るそうであるが,招待券もお送りしますからといわれたので福岡に来たら又見に行く機会があるかもしれない。必見の価値のある美術展であると思った。
それからもう一つはこれも思いがけず、湯平温泉の帰り道T様が画家が作った素敵なホテル(ホテル遊輪)があるよということで連れて行ってもらった。ホテル全体が美術館で調度品もいかにも美術品の風格がありびっくりした。しかも無料で一般の人に開放しているのが嬉しい。ホテルのオーナーであり画家の吉井好子さんは、医者の奥さんで子育てをしながら,特別の師を持たず世界の数々の賞をとられた人でその絵はダイナミックで赤の色がとても素晴らしい。私たちが感激してみているとなんと作家の吉井さんが挨拶に見えられびっくり!その後又絵の話になり、そのお話が面白く帰る頃はもうすっかり薄暗くなっていた。
[PR]
by vanve1013 | 2008-10-29 07:29 | 日記

10月27日 湯布院後記 くじゅう花公園

湯布院からやまなみハイウエイを通って車で約1時間、T様親子と一緒にくじゅう花公園に行きました。くじゅう連山を背景に広がる花の絨毯に圧倒されました。今の時期はコスモスが有名ですがコスモスは数は多いのだが1本1本離れて植えられているのでカメラをむけてもなんだか淋しい感じで、他の花のほうがはっきりしているので、ついつい花の絨毯のほうへ目が向く。北海道の美瑛の丘を彷彿させる風景であった。くじゅう高原コテージはすぐ近くにありその夜は私と母はそこに泊まった。

d0087639_6355839.jpg

[PR]
by vanve1013 | 2008-10-28 06:37 | 日記

10月26日 花豆のブランデー風味と湯平の手作り羊羹

d0087639_1054114.jpg


d0087639_1103084.gif


湯平温泉で手つくりの羊羹を作っているおじさんの店があるというのでT様が案内したのが花川堂であった。入っていくと写真の羊羹であった。ずっしりと500G以上はある羊羹で柚子味と栗入りを買った。おじさんおいくつですか?と聞くと未だ若いよ!といわれるだけあってお肌はつやつやで若々しい75歳であった!店の中からガラス貼りの作業所があったので、許可を得て写真を写させてもらった。ついでにおじさんともパチリ!おそらく観光客が多い時は実演が見られるのだろう。長年使い込まれた道具がおじさんの職人としても歴史を物語っていた。散策の途中花豆が安くで売っていたのでGet!写真の花豆のブランデー漬けを作った。ブランデーで漬けただけでハイカラな1品になるのでちょっと小腹が空いたときにお茶やコーヒー、紅茶のおともにもなるので良く作る1品です。

花豆のレシピー
[PR]
by vanve1013 | 2008-10-26 10:10 | グルメ

10月25日 湯布院後記 湯平温泉


d0087639_8455952.jpg


湯布院から車で20分で山道を通り抜けると湯平温泉がある。泉質は弱食塩泉で胃腸病には特効薬であるらしい。あの放浪の俳人山頭火が気に入ったと云われるだけあって、ひなびた山の温泉地である。足を踏み入れたとたんこの風景好き!と感動した。最近の温泉地は近代化され立派なホテルが立ち並びお土産屋さんの喧騒の中を歩く所が多いのだが、ここは昔の湯治場をそのまま残している場所であった。石畳の狭い路地が又いーい!!私たちが散策中あったのはフランス語を話す外国人2名と小学校帰りの子供たち2名であった。メインの道路を横道にそれた露地も絵になる風景がいっぱい!思わずソウルの古い町並みを一人歩いたことが懐かしくよみがえった。T様が案内してくれた志美津旅館は川沿いにあり、なんと大洞窟の温泉と露天風呂があり、山頭火もここで心と身体を癒したそうだ。真っ黒な洞窟はところどころ電灯がつけてあり、足元に気をつけて奥まで入り身体を沈めると、もうそこは別世界!勿論私たちだけで貸切状態であった。カメラで撮ろうとしたけれど暗すぎてデジカメだけでは無理だった。湯上りに冷たい柚子ドリンクを飲んだ。是非来春も訪れてみたいものである。
[PR]
by vanve1013 | 2008-10-25 06:40 | 日記

10月24日 もう一度豊後牛カレー

d0087639_2295814.jpg


湯布院から昨日帰宅しました。今回は滞在中に久住高原に1泊したり、湯平温泉の洞窟温泉に入ったり、素敵な美術館に行ったり盛りだくさん楽しみました。それというのも保養ホームの同じ食事のテーブルについたT様との出会いのおかげであちこち車で誘っていただき思いがけない幸運に恵まれました。帰宅する日まで同じ日だったので、最後は一緒に食事をということで湯布院厚生年金病院の前のホテルのレストランの例のカレーを食べに行きました。
T様と88歳のお母様も本当に美味しいを連発!喜んでもらって良かったと嬉しいでした。
次回も桜の季節に又ここに食べに来ましょうね!と云って駅前の高速バスの停留所まで車で送ってもらい,再会を約束して別れました。
野菜の優しい甘みとルーの滑らかさが最初に来て後からカレーの刺激と辛さが強すぎず弱すぎず主張して今までカレーを食べてこんなに感激したことがなかったような気がする。サラダの器もしっかり冷やしてあり、付き合わせの自家製のピクルスが香辛料の使い方が絶妙でうなってしまうほど美味しいので器の底のソースを味わってみた。早速帰宅したら挑戦したい1品でした。これから湯布院行きの楽しみが増えました。
[PR]
by vanve1013 | 2008-10-24 22:44 | グルメ

ぺタンク

d0087639_20522942.jpg

滞在している施設の公園でお年寄りの賑やかな声がするので行って見るとぺタンクをやっていた。これはフランスの公園でも良く見られる光景であった。遊び方はとても簡単!最初にピンポイントになボールを投げる。それに一番近く鉄製のボールを投げたチームが勝ちと教えてもらった。それにしても由布院でフランスと同じ光景に出会うとは!採点板はフランス語でした。
[PR]
by vanve1013 | 2008-10-17 20:52

10月16日 由布院へ

d0087639_19225843.jpg

由布院にお昼に着いたのでいつも利用しているお食事所で豊後牛のカレーを頂きました。いつも味が本格的で感激するのですが今日のカレーは今まで食べた中で一番美味しいでした。元々肉屋さんが建てたホテルらしくさすがに肉の質は保証済み、シェフの実力が光る一品でした。
[PR]
by vanve1013 | 2008-10-16 19:22

10月15日 サツマイモのレモン煮

昨日メタボ検診のあと友人と我が家でお茶をしました。その時アップルパイ(前記)と一緒に前日煮てあったサツマイモのレモン煮を出したところ好評だったので紹介します。これは我が家の定番料理の一つです。材料はサツマ芋中2個、砂糖大2.レモン1こです。
鍋にサツマイモ皮付きの輪切り(前もって水にしたしておいたものを水気を切る)をしき、水を材料がやっとかぶるぐらいにして砂糖、塩少々とレモンの皮をむいて輪切りにしたレモン半個分を煮て最後に汁気を少し残し、残りの半個のレモン汁を絞って入れそのまま暫くおいて汁気を吸わせる。
フランスのマリアージュの紅茶と一緒に出したところ相性抜群でした!

d0087639_1637244.jpg

[PR]
by vanve1013 | 2008-10-14 20:56 | 日記

10月6日  かかし

散歩の途中で可愛いかかしに出会った。このあたりはもう田んぼとは無関係なほどの商業地区
の中にあってこんなスペースがあることにほっとする。小学校の食育の授業の一環でやっているらしくかかしも子供たちが工夫して作ったのであろう。なんとなくその様子が彷彿されてほほえましかった!

[PR]
by vanve1013 | 2008-10-06 20:19 | 日記

10月5日 誕生日

今日は64回目の誕生日を迎えました。今年は鹿児島の黒毛和牛の焼肉店で家族全員でお祝いをしてもらいました。食事の後我が家で皆でゲームをして遊び孫たちは帰宅したので早速
昨日届いた新しいプリンターでスキャナーを試してみました。第1作が出来ました。

d0087639_22192425.jpg

[PR]
by vanve1013 | 2008-10-05 22:21 | 日記