<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

11月30日  ひろの誕生日にミートパイを持参

孫の誕生日を早めて今日しました。今年はIPOdが欲しいということでプレゼントにしました。
嫁さんに頼んで買ってもらったので今回初めて使い方を息子に教わりました。
ひろは音楽を入れて楽しみたいとのことで、最近のハイテクには、ついていくだけでも大変!
お祝いに30年ぶりにミートパイを作りました。カナダのモントリオールに住んでいた時にイスラエル系カナダ人のエレノアから教わり子供たちも大好物のパイでした。古いノートを見ながら作ると、子供たちの小さい頃の事が懐かしく想いだされ、月日のたつのはなんと早いものか!
私もア ラ 還暦の年代になってしまいました。今日もわいわいがやがやの楽しい一日でした。

d0087639_2223178.gif


作り方
[PR]
by vanve1013 | 2008-11-30 22:25 | 簡単で美味しい料理

11月25日 森伊蔵

d0087639_2237349.jpg


先日鹿児島へ帰省した折デパートでなにやら人々がアンケートのようなものを箱に入れていた。なに?なに?と近ずいてみると焼酎のブランド品の森伊蔵の申し込み用紙だった。ところがこれが抽選で買う権利を得るらしい。安いのが3000円、高いものは5000円であったので両方書いて箱にいれた。どうせ当たりっこないよね!と母と話してすっかり忘れていたのだがなんと
5000円のほうが当たった。、送料と消費税込みで6000円かかった。高い!私はほとんど焼酎は飲まないのだがこの森伊蔵を一度だけ鹿児島で飲んだことがあった。余り味は分からなかったが結構香りが良くて飲みやすかったのは覚えている。母は大喜びだったがやはり高い!わずか720mlである。折角なのでお正月まで空けるのを待つことにしよう!いーくつ寝るとお正月の気分になってきた。
[PR]
by vanve1013 | 2008-11-25 22:57 | 日記

11月20日  小城の清水竹灯かり





食いしん坊の私は小城(おぎ)といえばすぐ羊羹が浮かぶのだが、御船山楽園のあと訪れたそこは驚きであった。なんと5000個以上の竹の筒に灯かりが点され川に沿って滝のあるところまであり、彩りも形もさまざまな灯かりが紅葉したもみじを浮かび上がらせ、なんとも云えない幻想的な風景であった。I love ogiのloveは可愛いハートマークで作られていて地元の方の想いが伝わるような微笑ましいオブジェであった。思い立ったが吉日と申し込んだツアーだったが予想以上の感動だった。灯かりを点すのに半日かかるというから大変な労力である。日本人に生まれて良かった!感謝!感謝
[PR]
by vanve1013 | 2008-11-23 19:31 |

11月20日  紅葉狩り


以前から行きたいと思っていた九年庵の紅葉を見たくて一日ツアーに参加して出かけました。
九年庵の紅葉はもう終わりかけていたので思ったほどはありませんでしたが、次によった武雄の御船山楽園は感動!武雄28代藩主鍋島茂義が創った名園で御船山を背に麓に京都から狩野派の絵師を招いて創られた庭園で、どこにカメラを向けても絵になる風景がいっぱい!
そのあと今度は小城で開催されている清水竹灯りをみて帰宅しました。
今回は一人参加でしたが、同じ一人参加のNさんとすっかり意気投合して又つつじの季節に訪れましょうねーと云って別れました。楽しい日帰りツアーでした。
[PR]
by vanve1013 | 2008-11-22 22:53

11月11日 仙崖和尚のもなか

d0087639_2213285.jpg


今日のお昼、ご飯食べに来ない?と近所のみさこさんからお誘いがあり出かけました。栗ご飯とおでんのご馳走でしたがお土産に頂いた最中が仙崖和尚のもなかでそのパッケージの上に挟んである歌が面白くて笑いこけてしまった。博多の人々には、仙崖さんと呼ばれお馴染みの和尚さんである。臨済宗の高僧でありながら、ユーモアにとんだ絵画や歌や又臨終のせきで「死にとうない!死にとうない」と云ったことでも有名な和尚です。最中も美味しかったけど
この歌が最中1こ1こ違うのでお茶のお供には話題盛り上がること間違いない!石村萬盛堂製の最中です。
[PR]
by vanve1013 | 2008-11-11 20:18 | 日記

11月10日 珍味 豆腐の味噌漬

d0087639_18583354.jpg


 鹿児島で教室をやっていたとき熊本出身の生徒さんに頂いたのが豆腐の味噌漬でした。それ以来ずーっと捜し求めたものがなんと!十数年ぶりに岩田屋の地下で偶然見つけた。
あちこちで豆腐の味噌漬はあるが硬いものがほとんどである。これは豆腐をもろみみそに漬けた発酵食品である。沖縄の豆腐よう(硬い豆腐を泡盛、紅麹(こうじ)で発酵させ、半年近く熟成させもの)の味噌味バージョンで中身はねっとりしていてまるでチーズのようで上のもろみも美味しいー。お酒でも、梅酒でももしかしたらワインにも合うかも??やっと出会えて嬉しかった。
[PR]
by vanve1013 | 2008-11-10 20:29 | グルメ

11月9日 遊んじゃいました

d0087639_21334281.jpg
                                         むじゃきの白熊

d0087639_1527681.jpg

Y様に教えてもらい遊びました。Dumprのソフトを使いました。
[PR]
by vanve1013 | 2008-11-09 15:33 | 練習

11月9日  帰宅の日

d0087639_109694.jpg


これが最期と母は帰省するたびに友人とも会い、懐かしい味に舌鼓みを打つ。84歳になれば
当然の事だろうが今回も気力があるうちにお墓参りにいけたことが本当に良かった。
母の生まれ育った家に叔母が住んでいるのも嬉しいらしい。最後の日は従妹が車で迎えにきてくれ午前中は篤姫館を見学して、なかなか見ごたえのある楽しい展示や工夫がしてありました。
母も私も打ちかけを羽織って撮影しました。出来上がった写真をみて母は篤姫様ついに御懐妊!みたいねーと笑いこけた。その後懐かしい天文館(市内の繁華街)でラーメンを食べに行った。ラーメンもあちこちあるが最近は東京のチェーン店が進出しているらしい。今回は叔母が案内してくれたラーメン屋さんに行きました。食後駅ビルでむじゃきの白熊を食べて今回のフルコースの旅を終えた。
[PR]
by vanve1013 | 2008-11-09 10:33 | 日記

11月8日  鹿児島名産

d0087639_2181564.jpg


2日目の朝のご来光にすっかり興奮気味でお風呂からあがるとなんと母の横に置いてあった
私のかごの中の浴衣とバスタオル、それに下穿きまでない!とにかく部屋まで着る物がないので受付で浴衣だけ貰って事なきを得たが同じ光景を以前湯布院の保養ホームで見たことがあった。信じられないことであったが可笑しくて笑いが暫く止まらなかった!ご来光と下着ドロボー又旅の思い出が増えた。

帰省すると必ず買って帰るのが、↑の写真のものです。
かからん団子、げたんは、高麗もち、いこもち、ちまき、かるかん、ぼんたん漬け、山川漬け、さつま揚げなどなど。鹿児島は食べ物が豊富でおいしいものがいっぱい!しかも重いものばかりで持って帰るのも大変!でした。
[PR]
by vanve1013 | 2008-11-08 20:52 | グルメ

11月7日 帰省

d0087639_20314773.jpg


人生の半分を過ごした鹿児島にお墓参りを兼ねて4日、5日帰省しました。今は篤姫ブームでどこに行ってもポスターが目につきます。若い頃は人並みに都会に憧れ好きになれない土地でしたが、年のせいか今は自分の故郷が鹿児島であってよかったと誇りさえ感じられるようになりました。泊まった城山観光ホテルも実家のすぐ近くで、子供の頃は裏山を駆け上って遊びに来た場所でした。今回は2泊3日の短い旅でしたが、最初の日、母は60年来の友人やコーラスの友達に会ったり、私は隣人だった京子さん夫妻に自宅に招待されご主人がサイフォンでコーヒーを沸かして下さり温かいおもてなしを受けました。写真は京子さんの家のリビングから撮った写真です。生憎曇りで桜島はうっすらとしか見えませんでしたが一日に7回色を変えると云われる櫻島ですが、夕方うっすらとピンク色に染まった山も素敵でした。
次の日の朝、ホテルの真正面に櫻島を見える露天風呂にご来光を見に行くと丁度年齢層も私ぐらいの人が10人ほどいらしてなぜか鹿児島民謡おはら節を3番まで歌ったり、人生話をしたり盛り上がりました。そして待つこと数分、やっとご来光が現われ皆で一斉に拝みました。母も私も始めての経験に感動!これも一生忘れられない思い出になりました。
西郷さんも桜島をみて歌ったのでしょうねー。

  わが胸の燃ゆる思いにくらぶれば 煙は薄し桜島山
[PR]
by vanve1013 | 2008-11-07 18:39 | 日記