<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

長崎の興福寺と仏手柑

d0087639_23291191.jpg

d0087639_23304786.jpg

興福寺は長崎市内にある中国人のお寺で1620年に建立された歴史ある建造物である。yasuyoさんの家の前にあるので彼女はお寺の庭が子供の頃の遊び場だったとか。中央の祭壇にお供えしてある珍しいものがまるで人の手にそっくりでそれが蜜柑だとは信じられなかったが実際神社の裏側にその木があるよと住職に聞き見にったら一つだけ実をつけた仏手柑がなっていた。古来インドが原産で日本には慶長の頃伝わって、その形が仏様の合掌しているように見えたところから名前がついたとかで生食は出来ないが中国人は不老長寿の薬で煎じて飲んだり、縁起もののとして重宝していたらしい。珍しいものを見たがその横にこれまたきれいな色をした実をつけた植物があったが名前は分からなかった。その他唐人が航海をするときに、ま祖様(航海の安全の神)を滞在する間、興福寺に預けた時に入港してからお寺に着くまでの様子を再現した、ま祖行列もなかなか興味深いものだった。

ランタン祭りのデジブックはこちら
[PR]
by vanve1013 | 2010-02-28 23:30 | | Comments(0)

ちゃんぽん

d0087639_7361957.jpg


旅の楽しみの一つはやはり食べ物である。長崎といえばちゃんぽん発祥の地である。丁度お昼すぎについたので荷物を友人宅においてからまずは腹ごしらえとyasuyoさんがよく家族で行くという中国人の楊さんがやっているお店(YOIYA)に連れて行ってもらいました。どうしてちゃんぽんと言われる名前がついたかと尋ねると、ある中華料理屋のまかないでつくる料理から生まれたのだという。少しずつ余った材料をいためて麺の上にかければそんなに時間はかからない。なるほどと納得!しかしそもそもちゃんぽんにするという日本語らしからぬ日本語は??やはり長崎からかなー?名前が先か?料理が先か?日本語ボランティア養成講座を受けた私としてはこれはぜひしりたいところである。
お店の熱烈歓迎の旗の間を通り抜け階段を上ると、いかにも中国人のお店の雰囲気が漂ってくる。なんとちゃんぽんだけを食べるのに個室に通された。彼女がいかに常連かがわかる。けっしてパンフレットに載ったり派手に宣伝されているお店ではないがその味は私を唸らせた!スープ、麺、具のどれをとっても素晴らしかった!スープは鶏がらがベースなのだが海鮮の濃厚な味がしっかりしていていつもは残すスープはほとんど残さなかったぐらい美味しかった。麺も初めての感触の麺で、具にはなんとぷりぷりの牡蠣が乗っていた。心も身体も満足してその後、長崎のランタン祭りの街の雰囲気を楽しみながら、興福寺へと向かった。

宵弥(YOIYA)TEL095-825-4188 長崎市万才町10-12 2F
[PR]
by vanve1013 | 2010-02-23 08:15 | グルメ | Comments(0)

長崎ランタン祭り

d0087639_2381148.gif


長崎のランタンフェスティバルに行ってきました。天神のバスセンターからノンストップで約2時間で長崎駅前に着きました。なにしろ日曜日で、おりしも龍馬ブームもあり長崎はものすごく込んでいました。そこで友人のyasuyoさんと今回はランタン祭りの雰囲気と街のなかをゆっくりと散策するだけにしました。
さすがに彼女は地元の人だけあっていく先々yasuyoさーんと声がかかりなかなかの人気者のようです。一緒に歩くとまだまだ私の大好きなレトロな建物が沢山あったり、骨董屋さんも長崎らしいガラスのものや異国情緒あるれる品々が並んでいました。日中はどこの露地を歩いても観光客が多く夜になるともう前にも進めないほどの賑やかさでまるで中国を旅行しているような長崎でした。商店街もランタン一色で年々飾りもランタンも豪華になっていくそうです。今年は眼鏡橋の川に初めてお目見えのオブジェもありました。お昼にちゃんぽんをご馳走になった後yasuyoさんの家の前にある興福寺で蛇踊りや琉球のエイサー踊りと江戸時代の唐船の守り神の、ま祖行列を見て帰宅したのは夜の11時過ぎでした。行く度に長崎は不思議な魅力を感じます。この次は龍馬の事を勉強してからゆっくりと、さるきたいと(歩くこと)思っています。
[PR]
by vanve1013 | 2010-02-22 22:56 | | Comments(0)
d0087639_22262112.jpg


昨年エスピレッソ用とレギュラーコーヒーがわかせるコーヒーメーカーを買い換えて1年経ったばかりでもう壊れてしまった!早速メーカーに問い合わせたところヒューズが飛んだとの事で交換しなくてはと言われたがなんと送料込みで修理費が最低6000円だというのである。それでインターネットで調べて3台目を購入した。しかしエスピレッソは壊れていないのに惜しい気がしたがもともと一台2役に無理があったのかもしれない。エスピレッソの方は街で飲むほうが本格的な味がするし余り使わなかった。今年買ったこちらの方は場所も取らず、出来たコーヒーがジャーになっていて1時間は冷めないようになっている。値段も修理費と同じ6000円であった。結構デザインもシンプルでそのままテーブルにおいておけるので気に入っているが結局は一台無駄にしてしまったのは残念!今度は何年もつだろうか??
[PR]
by vanve1013 | 2010-02-19 22:26 | 日記 | Comments(0)
d0087639_10555869.jpg
d0087639_10535354.jpgd0087639_10542422.jpg


先月母と天神から特急で僅か15分で着く二日市温泉の大丸別荘を訪ねました。以前から気になっていたところでしたが高級なイメージがあり,なかなか出かけられませんでしたが、PC友のkoyomiさんから日帰りで会席料理つきのプランもあるとの事をしり喜び勇んで出かけました。思っていたとおり門構えから立派で私の大好きな昔風のたたずまいは入ったとたん別世界のようで都会のすぐ近くにこんな静かな安らぎがあるのだと感激!更にお部屋に通されると掘りごたつのある個室でした。まずはお茶を一服してから温泉へ直行するとその温泉の素晴らしさに感動!ところが母が打たせ湯のところに行きたいというのですが、そちらに行くまでの手すりがなくしかも足元が石なので滑りやすくやっとの思いで母を連れて行き又戻るにも大変でしたが、温泉の質がよくて母も大満足のようでした。そしていよいよ会席料理で次々と運ばれる料理には派手さはありませんが1品1品こころがこもって味も満点!でしたが私は最後は白ご飯のほうが、むしろ料理が引き締まったのではないかと思い、後日添えられていたはがきのアンケートにお風呂の手すりの件とご飯の件を書き添えて投函した。ここ1週間教室の準備の試作におわれ受け取った郵便物をあけるのをすっかり忘れ今日開いてみると、いかにも気こごちの良さそうな作務衣が出てきてびっくり!なんと大丸別荘の支配人から参考にさせていただきますとご丁寧な手紙が入っており恐縮してしまった。又ぜひ母を連れて行きたいと思う。大丸別荘のHPはhttp://www.futsukaichi-onsen.com/からどうぞ!
[PR]
by vanve1013 | 2010-02-16 10:57 | 日記 | Comments(2)
d0087639_21312860.jpg


さつま揚げを鹿児島の生徒さんのyukoさんから送っていただいたので、長男家族を呼んで一緒に夕ご飯を食べました。鹿児島の人であれば徳永屋のさつま揚げ(地元ではつきあげとよびます)と言えば老舗中の老舗でなかなか普段にはいただけないものですが今日は桐箱に入った高級なさつまあげを頂きました。やはりつきあげは生をそのままで頂くのが最高です。
その他孫たちには甘口カレーと大人には本格タイカレーを作りました。昨晩インターネットで調べたとおり作ったところがものすごく辛かったし、美味しかったけど白いカレーよりも何チャってタイカレーのほうが色的に、なじみが良いようだ。結局最後は子供の残ったカレーとタイカレーを混ぜた。明日もお昼はカレーになりそうである。その他教室で出す試作の簡単ピクルスとチョコレート味のプリンも好評だった。
最後は我が家の慣例になっているババヌキをしておひらきとなりました。
[PR]
by vanve1013 | 2010-02-14 21:58 | 日記 | Comments(0)

鰯と大根の酢煮

d0087639_18532877.jpg


最近私の身近な友人が思いがけない事故?病気?にかかっている。いつも自分の家に招きご馳走してくれる元気なkimikoさんが松葉杖をついて玄関に現われた時はなんだか痛々しかった。自宅の絨毯に引っかかって足の指を骨折したという。しかも運転してくれた近所のmisakoさんまで介護でぎっくり腰になって運転は出来るけど治療中である。私も気をつけねば人事ではないようだ。そんなわけで料理も儘ならない彼女のために教室の試作品を作ったのでお見舞いを兼ねて持参した。今が旬の北海道のまだらを使ったメインの鱈とポテトのグラタンと紅茶味の濃厚なプリン風のものにメレンゲのお菓子を持参した。彼女もサラダとスープを用意してくれていて久しぶりにかしまし3人娘のおしゃべりと食事を楽しんだ。帰り際今晩のおかずにと彼女がつくってくれたのが私の好物である鰯と大根を煮たものだが最後に酢をたっぷりいれて炊くのが特徴でさっぱりして大根がいくらでも食べられる。こんな素朴な料理が昭和の味と香りがして私は好きである。持参したグラタンとデザートは彼女たちのお墨付きをいただいて今月の末から始まる教室のメニューに決定した。

鰯と大根の酢煮の作り方
[PR]
by vanve1013 | 2010-02-10 19:38 | 簡単で美味しい料理 | Comments(2)
トップページが見れない状況が続いています。エキサイトブログが最近おかしいのです。
このままだといままでの画像も全部駄目になるのではないかと心配しています。スキンも変えたり、メモ帳の飾りもとったりしていますがなかなか回復できない状態です。
今日やっとなんとか投稿欄までたどり着けましたが実際私はみれないのです。近況報告まで!

そのあとスキンを編集していたらなぜか???修復できました!やれやれです。ご心配かけた友人や従妹にありがとうねー!!
[PR]
by vanve1013 | 2010-02-06 17:38 | 日記 | Comments(3)