<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

お知らせ

お知らせ

暫く娘(フランス在)の所へ
行ってきます。
うっとうしい天気が続きますがくれぐれも
お体に気をつけてお過ごし
下さい。
IZU



[PR]
by vanve1013 | 2010-06-27 18:44 | Comments(0)

豆腐の味噌ずけ

d0087639_6344712.jpg


以前ブログで紹介したことのある豆腐の味噌ずけが、偶然先日泊った湯布院のしゃらの樹の朝食で出された。それがここのオーナーの84歳になられるお母様から教わったと聞きびっくり!豆腐の味噌ずけは熊本の五木村でしか作っていないと思っていたので、この大分でしかも手つくりで作られていることに感動した。駄目もとで、どうして作るのですか?とおそるおそる聞くと若女将は躊躇なく教えてくださった。作りかたはとてもシンプルでお豆腐をぎゅーっと絞って味噌をみりんや酒で伸ばし挟むだけということで早速帰宅してつくったのが写真の味噌つけである。母に試食してもらうと、どこに豆腐が入っているのか分からない。これはただの味噌という評価だった。と云うことで第1作目はみごとに失敗であった。ここで諦める私ではないので次回は成功したらもう一度アップするつもりである。
ここの食事が又素晴らしく野菜だけでなく味噌、梅干、梅酒、柚子胡椒などなどおばあ様の手作りがならんだ。滞在中ここのオーナーに出会えたが最初湯布院の中心地の金鱗湖の近くで農業をやっていたけれどだんだん観光客が増えてきた頃そこを売ってこの5千坪以上ある竹が生い茂る山を買い開墾しながら、農業と旅館をしていたそうである。山荘も出来ないところは業者に頼み、自分で手つくりしたそうでいたるところにセンスが光っていた。そして私が感動したのは庭である。妙に雑草も刈り込まず最低限刈っているので自然な感じでとても癒される空間でよかった。84歳のお母様はその表情がやさしく上品で今も息子さんを手伝ったり料理を若おかみに教えていらっさるそうで、”私が誰かの役に立てるうちは働きたい”という言葉が印象深かった。素晴らしい場所と人との出会いがあった。
[PR]
by vanve1013 | 2010-06-23 07:12 | 簡単で美味しい料理 | Comments(0)

明と暗

d0087639_16165222.jpgd0087639_16162178.jpg


先月プランターに植えた現在の状況です。トマトは順調ですがキュウリは折角実をつけたのに枯れてしまいました。最近NHKで見たのですがトマトは水かけすぎないほうがいいらしいというのでなるべく枯らしぎみに水をやっています。しかしそのせいか土がカチカチになっています。こんな具合でなかなか思い通りにならないものですが懲りずに朝水遣りをするのが楽しみな私です。まさにトマトとキュウリ明暗を分けた結果になりました。苦瓜もカーテン状にひろがり花もつけています。今年の夏はどうかな?キュウリがこんななので期待はできませんが??
[PR]
by vanve1013 | 2010-06-22 16:26 | 日記 | Comments(0)

珍しいお土産

d0087639_20243882.jpg


先日、いろいろ頂いたお土産の中に巣鴨のポケットソックスがありました。テレビで見るだけで行った事はありませんがそのユニークなお土産にびっくり!生まれたてのあかちゃんサイズで本当に入るのかと思いましたが入りました!履き心地も満点!旅行にもかさばらずよさそう!それにこの赤色がなんとも言えず元気色です。巣鴨のお土産で有名な赤パンがありますがひょっとしてポケット赤パンもあるのかなー??
今日はカメラが見つからず携帯から転送しました。やはり携帯からは色が悪いですが本当はもっと明るい赤です。yyy様のブログhttp://yyyanoy.exblog.jp/が正確な色です。
有難うね!koyomi様
[PR]
by vanve1013 | 2010-06-19 20:24 | Comments(2)

洋野菜のオンパレード

d0087639_9111838.jpg


d0087639_9251392.gif


長らくご無沙汰していたpeko様より珍しい野菜が手に入ったから届けてくださると突然電話が入った。それが上の野菜たちである。なんでも彼女のおじ様が定年後、太良(佐賀県)で農業を始め洋野菜も作りレストランにも納めているらしい。そんなわけで彼女もわざわざ有給休暇を取って届けてくださるというのでそれじゃーその野菜を使って料理を作りましょうという運びになった。近所の教室の生徒さんで先日フランス料理留学から帰国して今、就活中のyuriさんと、Y、Mさんもよんで皆で料理を作ることになった。野菜料理ばかりではと思い久しぶりになんちゃってタイカレーも前日準備した、デザートは専門のyuriさんにまかせた。
緑と黄色の大きなズッキーニはグラタンを作ろうと思ったが余りにも美味しいので素材のよさが引き立つように簡単にバージンオリーブオイルで炒めて娘が送ってくれたエルブドプロバンスをかけただけのシンプルなものそしてアーティーチョークはフランスでは良く見かけるが最近日本でもデパートで販売されている。体は大きいが収穫はほんの少し。これも茹でてドレシングをかけただけ。珍しかったのはコールラビという初めての野菜で、娘に尋ねるとそれはフランスのchou-raveのことではないかとの事であった。直訳するとキャベツの根??どんなものかなと味見をすると見かけはかぶだが味は確かにキャベツみたいな??不思議な野菜であった。フランス語の料理の本で調べたりしたが結局しゃきしゃきとした触感をいかして生が一番美味しかった。その他人参、かぶを加え彩りにkoyomi様からいただいたコーンもたした。前菜は野菜のオンパレードとプルーンのベーコンまきとフランスのカマンベールが加わった。メインはタイカレー、デザートはババロアでした。新鮮な野菜を届けてくださっpeko様のおじ様有難う御座いました!!
[PR]
by vanve1013 | 2010-06-16 07:58 | 日記 | Comments(0)

PC友来訪

d0087639_23365737.jpg


久しぶりにPCともが来訪!5ヶ月ぶりであるので話したいことが盛りだくさん。どうしてこんなにしゃべることが次々出てくるのか?と思えるぐらい楽しい半日を過ごした。友を迎える食卓はカジュアルにして作る料理も簡単なものばかり。今日はやっとこの日のためにとっておいたノルウエーのスープの素で作った魚のスープ、ノルウエーの物価は日本の4倍と云う食料品の中でもこれは安かったのでこんなに美味しいならもっと買っておけばよかったと思えるほど美味しかった。今朝作ったトマトファルシーとピラフ、チョコレートムースと先日大目に作って冷凍しておいた鶏の煮込みとラタテューユだった。家庭でもてなすフランス料理は決してレストランみたいに豪華ではないけれどなにか素朴で美味しいものが多い。私の教室カジュアルフレンチIZUのモットーでもある。
[PR]
by vanve1013 | 2010-06-15 00:01 | 日記 | Comments(2)

癒される空間と時間

d0087639_10185467.jpg
節子さんが今回は観光が主ではなくゆっくりと出来る宿がいいというのでインターネットで調べて私の独断で湯布院にあるしゃらのきに2泊することに決めた。若い夫婦が2人でやっているので一日4組だけと限定されている。5千坪以上の森の敷地に畑があるだけなのだが、すべてが癒される空間であった。2日目は森をゆっくり散策しながら無農薬で農業をされているオーナーと84歳のオーナーのお母様にもお話を聞いたりしてすっかりその人間性に魅了されてしまった私たちであるが、その話しの内容な又の機会に話すとして、午前中2時間とごご3時間は私たちはスケッチをして過ごした。私は60歳の時にこれからなにか自分にとって、とても出来そうでない事に挑戦しようと思って趣味として始めたのがパソコンと水彩画である。私は超アナログ人間でパソコンは出来てもどうしてそうなるの?とまで考える脳みそは持ち合わせていないのだがなんとかブログとHPまではできた。ところが絵になるとそうはいかず、つい最近まで止めようかと悩んでいたのだが節子さんがスケッチブック持っていくね!というので私も、しめしめと思いながら便乗した。さすがに彼女は慣れていて描き始めたら早い!なんとか私も彼女に助言を貰いながらやっとの事で描き終えた。誰も通らない自然の木立の中で鶯の鳴き声を聞きながら友人と楽しい時を過ごした。節子さんも今度はご主人を連れてきたいと言うほど気に入ってもらったのでコーディネーターとしても大満足な旅だった。
[PR]
by vanve1013 | 2010-06-12 11:23 | 日記 | Comments(0)

setukoさん初挑戦

d0087639_5552426.jpg

福岡滞在2日めはお昼を天神で食べてからYYY様から頂いた九州国立博物館のチケットを持って大宰府へ。
丁度菖蒲は満開でした!博物館ではパリに咲いた古伊万里の華展をやっておりいずれも見応えのあるものばかりでした。帰り道はココに来たら勿論梅がえ餅をかさご屋で食べ帰宅。夕方6時についてから節子さんの料理教室初体験!今日はフランスの家庭料理の定番トマトとピーマンのファルシーを作りました!本日の夕方のメニューはノルウエーの魚のスープ、昨晩の鯛、トマトとピーマンのファルシーとムース オ ショコラでした。美味しい料理と楽しい会話!至福の時はあっと云う間に過ぎ寝たのはなんと夜中の1時でした!!明日、明後日は湯布院へ。お昼はやっぱり豊後カレーに決まり!!
[PR]
by vanve1013 | 2010-06-09 06:16 | 日記 | Comments(0)

友 遠方より来る

d0087639_6124456.jpg
d0087639_6133438.jpg


今年の3月某大学を退官した東京の友人節子さんが来訪するというので前日からテーブルや食事を用意して待っていた。彼女とはカナダのモントリオール時代家族ぐるみで付き合っていた人である。かれこれ40年ちかいおつきあいである。その間頻繁に会っていたわけではないけれど心を許せる大切な友人である。なにしろ超インテリである彼女の話は面白くて、娘が京都の大学生の時は狭いアパートに3人で雑魚寝して話しをしていたら夜が明けていたこともあり、話題に事欠かない。天神で昼食後箱崎宮の花庭園のチケットを友人のMさんから貰っていたので庭園を案内し、箱崎宮にお参りして帰宅した。今回は彼女の退職祝いの食卓なので昨晩からV.I.P用の麻のテーブルクロスに、ナフキン、バカラのグラス、銀のカトラリー、皿もロイヤルドルトンを並べ、家にあるバラを2輪食卓の上に飾った。そしてここ数年買ったことのない上等の赤、白のワインを奮発した。メニューは最初にカナッペ少々とラタテューユ、お祝いの鯛、鶏のモロッコ煮こみ、チョコレートムースであった。話しはつきないので12時半でおひらきとなった。
[PR]
by vanve1013 | 2010-06-08 06:40 | 日記 | Comments(0)

歌声喫茶

d0087639_20395766.jpg


今日は母の友人のお誘いで室見の歌声喫茶に母とでかけた。到着すると老若男女の昔コーラス部に入っていたのよと云うような雰囲気の人たちが席に座っておられた。中央にはグランドピアノがあり店内には店のオーナー(画家)の絵がかかげてありとても雰囲気の良い場所であった。すわると間もなく飲み物のサービスがありそれぞれ写真にある本が配られた。思えば歌声喫茶は私の青春時代にとても流行って、その頃はアコーディオンに合わせて歌った気がする。今日はピアノをオーナーの奥様が演奏して、指導される先生の楽しいトークを交えながらの懐かしい歌をうたい2時間の至福の時間があっという間にすぎた。途中休憩では先生手作りの抹茶ケーキとコーヒーのサービスもあり参加費1200円は安すぎるぐらいであった。私はカラオケは余り好きではないがこのアナログ的などこか昭和の匂いのする歌声喫茶はこれから母と一緒に楽しめそうである。久しぶりにおなかの底から声をはりあげて歌って気持ちよかったー。次回は6月17日です。月2回だが興味のあられる方はイベントスタジオ&アルマ092-210-5000へどうぞ。
[PR]
by vanve1013 | 2010-06-04 22:31 | 日記 | Comments(4)