<   2015年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

亀吉の話

d0087639_13585374.jpg
ホテルのロビーの喫茶店で朝食後ハーブティーを飲んでいたらお客さんはだれもおらず喫茶店の係りの人が窓の向こうの滝のほうに亀が8匹いるからみてみたら?と勧めるので孫が滝に向かって走っていった。係りのお姉さんに
孫 ぼくんちも亀を買っているんだけどね!名前が亀吉っていうのだけど先日お父さんがメスだと言ってたよ!
私 え~どうしてメスだと分かったの!
孫 お父さんが亀吉の水槽で卵を3個見つけたんだ。無精卵だって!
私 ジャーこれから亀子ってよばなくちゃね~
孫 おかまぽっくて嫌だよ!亀吉ってよんでるよ!
なんでも亀は性別を見極めるのが難しいのだそうで6年間も雄だと信じていたのに急にメスだったといわれてもね~。亀吉はどう思っているのだろう??
孫の話方が面白いので係りのお姉さんと大笑いしてしまった。


[PR]
by vanve1013 | 2015-07-30 14:19 | 日記 | Comments(0)

ハウステンポス

d0087639_13213810.jpg
ハウステンポスは孫は初めてだというのでここに決めました。暑い日差しの中体力もいる。たいちゃんはそれでも元気に走り回りあちこちの体験ゲームをこなすが私はただひたすら木陰で待つのみであった。広い敷地を歩くのも最近体力の衰えをじかに感じるようになった。それでも孫の喜ぶ顔をみるのも嬉しいし、今回はゲーム機を嫁さんが持たせなかったのは正解だった。列車やホテルでも楽しい会話もでき濃密な時間を過ごせた。世の中にはイベント家族といってそれ以外は滅多に孫と会えないという。うちも例外ではないけれどこうして一緒にいると孫の成長も見れるしなんといっても愛情がわく。この子のためにできることはなんでもしてあげたいと思う。また来年一緒に旅行したいな~と切に願うバーバです。
[PR]
by vanve1013 | 2015-07-30 13:21 | | Comments(0)

楼門で見つかった4干支

d0087639_10182123.jpgd0087639_10112546.jpgd0087639_10064370.jpgd0087639_10133788.jpg











私が武雄温泉で一番見たかったのは改修工事の際見つかったこの4干支であった。東京駅を設計した佐賀県唐津市出身の辰野金吾のほぼ同時期に建てられた武雄温泉楼門であるが、まさかここにあの東京駅の残りの干支があるとは!地元の一部の人は知っている人もいたそうだがそれ程こんなに話題になるとは思わなかったそうだとボランティアのガイドさんの説明であった。ドキドキしながら階段を上ると楼閣の4隅の天井の上に描かれたものがみえるがはっきりは見えないので木に実際かかれたものが展示されていたのを見てはっきりわかった。昨年東京駅に行ったときたしかにドームの8干支はみたが残りの干支までは思いが行き渡らなかったが、この楼閣に使われていたなんて。余りの反響の多さに驚いたのは個人の持ち主である。古い建物なので今は朝9時から10時までしか公開していないとのことでした。もっともっとボランティアさんの説明も聞きたかったが次の列車に間にあわないので急いでハウステンポスに向かった。自分のカメラで撮った写真ははっきり分からなかったのでネットで写真を拝借しました。左から卯(東側)酉(西側)午(南側)子(北側)に配置されていました。



[PR]
by vanve1013 | 2015-07-30 10:02 | | Comments(0)

武雄温泉楼門 1

d0087639_9264111.jpg
d0087639_1022216.jpg
d0087639_9264183.jpg

d0087639_9264141.jpg

d0087639_9264116.jpg

d0087639_9264117.jpg

[PR]
by vanve1013 | 2015-07-30 09:26 | | Comments(0)

佐賀県立宇宙科学館

d0087639_10405431.jpg
d0087639_10355448.jpgd0087639_10355463.jpg
d0087639_10355462.jpg
d0087639_10355412.jpg

吉野ヶ里遺跡から武雄温泉にある佐賀県立宇宙科学館へ。中にはいると夏休み中で沢山の小学生で賑わっており孫のたいちゃんが興味のある特別企画展をやっており、夏休みの自由研究になるとあってもう夢中でノートに書き込んでいた。そのほとんどの時間を海王生物に費やしたので、残り時間はリニアモーターカー体験やスペースサイクリングに乗ったりしたが他の興味ありそうなものはさーっと通り過ごした感じだったが本人は大満足の様子だった。武雄に行ったら話題のTSUTAYAの入った図書館や、大楠など見たかったがそれも見れずに残念でした。吉野ヶ里と武雄を一日で見るのは誤算だった。




[PR]
by vanve1013 | 2015-07-29 10:40 | 日記 | Comments(0)

吉野ヶ里遺跡 2

d0087639_852538.jpg

d0087639_852591.jpg

d0087639_852518.jpg

d0087639_852587.jpg

一際目立つ建物が主祭殿で弥生時代の国会議事堂でありまた神聖な儀式を取り計らう場所だったと説明がありました。期限3世紀ごろを復元対象として建てられたそうだが、なにも資料が残っていない中これだけの物を作ったのは驚きである。正直こんな立派なものとは思わなかったのでここで時間をゆっくり取りたかったな~と残念に思う。ぜひまた訪れてみたい。敷地が広いので移動するだけでも大変で園内バスも20分間隔で出ているが今回見たのはほんの一部でまだまだ興味深い場所や子供が弥生時代を体験できる施設などあったが列車をのがすと次の武雄温泉に行けなくなるのでこの後北墳丘墓をみて急いで駅に向かった。



[PR]
by vanve1013 | 2015-07-28 08:52 | | Comments(0)

吉野ヶ里遺跡 1

d0087639_7231353.jpg
d0087639_825249.jpg
d0087639_825239.jpg
d0087639_825217.jpg
d0087639_825223.jpg
d0087639_825242.jpg

博多を出るときは台風の影響で雨が降っていたが、なんと!着いた途端に雨も上がりラッキー。
吉野ヶ里遺跡は弥生時代700年間のすべての遺跡,遺物が残っている国の特別史跡に指定された貴重な遺跡である。公園に入ると弥生時代の服装をしたボランティアの方がいらして丁寧な説明をしてくださった。まずは高床式の櫓に上る。皆さん!あの柱の下に打ち付けてある木がありますね!あれはなにをするものか分かりますか?と尋ねられると孫がネズミ返しでしょう!と答えたり屋根のかやは当時何でかったと思いますか?というと石!と孫が答える。僕詳しいね~と褒められるとドラえもんのなんでもドアで弥生時代の事を知ったというがこれには私も驚く。ここは南内郭といわれ物見やぐらや王たちの居住空間を含め20棟の建物が復元されていた。この後竪穴式住居を見て北内郭へ向かう。



[PR]
by vanve1013 | 2015-07-28 07:23 | 日記 | Comments(0)

煎り酒 

d0087639_630478.jpg

先日一緒に神戸を旅行したパリ友のhiromiさんから初めてこのお酒の事をきき早速購入!説明書きによるとすでに江戸時代からあり日本酒に梅、花カツオをことことと煮詰めた調味料らしい。知らなかった~。しかもうれしいことに塩分がふつうのしょうゆの半分なので血圧の高いひとにはうれしい。塩分の少ない醤油はあるがなにか物足りなさはあるけどこれは出しがきいているのでなににかけてもおいしく感じる。私の購入したものは銀座の三河屋さんのもの。ブームを受けて各会社によって作られているが中に入っているものが違ったり味もおそらく違うだろうけど健康にいいものは取り入れたいものである。おひたし、お豆腐、魚の下味、煮物などなどお醤油の代替品として幅広く使える健康食品だ。





[PR]
by vanve1013 | 2015-07-22 06:30 | グルメ | Comments(0)

沖縄料理

d0087639_5553027.jpg

昨日は雨が降ったり。止んだりの生憎の雨でしたが天神の居酒屋風の沖縄料理を生徒さんのTちゃんと彼女の勤務帰りに行きました。やはり若い人とは居酒屋が気軽でいい。定番のラフティーとゴーヤチャンプルとミミガーと野菜の炒めと沖縄のビールを注文。そのあと私宅へ。夜景を見ながらお茶をしてTちゃんは10ごろタクシーで帰宅しました。




[PR]
by vanve1013 | 2015-07-22 05:55 | 日記 | Comments(0)

ミニトマト

d0087639_21173837.jpg

今年はニガウリもトマトも一杯とれてやっと収穫の喜びを味わうことが出来ました。母が水やりを日課にしているので枯らすことなく毎週実家に帰っていくつなっているかを数えるのも楽しみです。苗はニガウリ2本、トマト1本だけ植えたのに今年は大豊作でした!



[PR]
by vanve1013 | 2015-07-20 21:17 | 日記 | Comments(0)