<   2016年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

最近の母

d0087639_22095451.jpg
家にいるときは寝ることの多かった母が午前中はテレビを見たり編み物をしたりするようになった。私は右肘が最近痛みがでてきたのでギターも編み物も控えているが、今年中には母の毛糸の帽子が出来上がるのを楽しみにしている。今25センチあと35センチ頑張って!
[PR]
by vanve1013 | 2016-11-29 22:09 | 日記

博多駅前のイルミネーション

d0087639_11545647.jpg



d0087639_11040710.jpg



小学校の同級生が来福されるということで急遽在福岡の同級生が集まることになり博多駅の近くの居酒屋で同窓会をすることになった。私は母に夕食をあげてから出かけたので1時間遅れだったが久しぶりに懐かしい面々と出会え楽しいひと時であった。その帰り博多駅の広場でのイルミネーションが素敵だったのでパチリ!




[PR]
by vanve1013 | 2016-11-27 11:54 | 日記

風邪予防に?

d0087639_21015038.jpg

昨日はインフルエンザの予防接種を済ませました。そして今年も正官庄の高麗ニンジン茶をアマゾンで注文したので風邪予防の対策はひとまず安心か?そのおかげかどうか昨年は風邪をひかず、春は毎年悩む花粉症にもかからず??信ずるものは救われるのかも知れないけど朝と寝る前に飲んでいます。正官庄は韓国政府公認ですが値段はピンからキリまでありますがこれはひと月分でも3500円ぐらいなのでお手頃価格です。



[PR]
by vanve1013 | 2016-11-23 21:01 | 日記

プジョウの胡椒引き

d0087639_21231297.jpg


年々調理器具も歳のせいか軽いのを選ぶようになったが今回は小さいものを見つけて帰宅して驚いた。底の方にpeugeot,franceと書いてあり30年前買ったミルも今回の物も同じプジョウ製のものだった。まさかまさかあのフランスの自動車会社のもの?とネットで調べてみると元々プジョウは歯車や骨組みを専門として胡椒挽き、自転車も作っていたらしい。自動車はその数百年後のことであるので胡椒挽きのほうが歴史は長いのである。初めて知りました。
[PR]
by vanve1013 | 2016-11-18 21:26 | 日記

鶏肉のトルコふう煮込み

d0087639_17434013.jpg


これはパリで料理教室をしていたその子さんのお宅で習ったものですが彼女の姑さんから教わった家庭料理らしいです。香辛料にコリアンダー、シナモン、黒胡椒、サフランなど使った贅沢な料理です。たっぷりのレーズンとアーモンドスライスが微妙なアクセントになって私のお気に入りの料理です。1人で味わうのは勿体ないので近所の友人の美佐子さんを招待しました。




[PR]
by vanve1013 | 2016-11-17 17:42 | フランス料理

ギターを再開します。

d0087639_21073046.jpg


1昨日は高校の同級生の大阪の友人mikoさんが我が家へ来訪してくれ久しぶりに包丁を握ることができフルコースの夕食を作りました。メニューは
ニンニクのスープ、鯛のサラダ西洋わさびソース、エビのアメリカンヌ、洋ナシのポッシェエレーヌ風でした。

食事のあと彼女がギターをひいてくれその音色が余りにも素敵だったので諦めていたギターを再開しようと一気に私の心に火がつきました。実は高校生の頃クラッシックギターを始め大学時代はマンドリンクラブに所属していたことがあったので、いつか又機会があったらと思いながらこの歳になりました。昨日の夕方新幹線で帰る彼女を送りながら駅に隣接する楽器屋さんで彼女が教本と楽器立てとチュウニングをする時便利なクリップチューナーを選んでくれました。貴女だったらコードも本を見るだけですぐ弾けるようになるわよと煽てられ50年ぶりにギターを再開することに相成りました。
もう少しで処分するところだったけど、50年前給料の5倍をはたいて注文した手作りのギターが又生き返りそうです。マンドリンは母の物ですがあわよくば一緒に演奏できるかも?
昨日は博多駅の近くの道路で陥没騒動で周辺は大騒ぎでした。博多駅の新幹線がわは真っ暗でしたが友人も無事帰宅できたようで一安心しました。







[PR]
by vanve1013 | 2016-11-09 21:07 | 日記

映画

d0087639_17154068.jpg


久しぶりにフランス映画を見にKBCシネマに行きました。映画は92歳の誕生日パーティーで家族揃った席で感謝の言葉のあとに私は2か月後に逝きますと言ったことから家族は驚愕してさまざまな葛藤が始まる。最後は家族もそれを受け入れ最期のその日を待つのであるがフランスの元首相の母親の実話らしい。溢れる家族の愛情に支えられ、病気で苦しんでいるのでもなくなぜ?
タイトルからコミカルな映画だと思っていたがなかなか深~い考えさせられる映画だった。




[PR]
by vanve1013 | 2016-11-01 20:42