明太子スパゲッティー

お昼にアンチョビーのスパゲッティーをしようと思ったらアンチョビーが見つからない??そこで冷蔵庫にからし明太子があったので明太子バージョンに変えてみたらこれがgood!!作り方はいと易し!まずスパゲティーを茹でて、熱い内にレタスをさっと混ぜる。オリーブオイルに赤ワイン酢、明太子、マッシュルームを混ぜ、スパゲティーの上にかける。お昼にミネストローネと一緒にいただきました。アンチョビーの場合も同じ方法で作りますが、レタスよりもキャベツがおいしいと思います。その場合は少し茹で上がる前にさっと火をとうして下さい。
d0087639_192482.jpg


[PR]
# by vanve1013 | 2006-10-19 19:17 | 簡単で美味しい料理

簡単フランス料理

今日は娘nao(パリ在)の名ずけて3分間クッキングです。男子2人の母であり、働くnaoは台所にたつとあれよあれよと出来る料理しか作らないけど、やはりオフランスの香りとしゃれた料理に仕上がるんです。したがってレシピーもないので、いい加減ですが出来ないことはありません。ぜひお試しあれ!!

d0087639_21533484.jpg<材料>2人前
鶏もも肉     1枚
マッシュルーム  1パック
たまねぎ     半分
生クリーム    適当
パセリ
にんにく
ナツメッグ
味付けご飯



作り方はこちらへ
[PR]
# by vanve1013 | 2006-10-17 15:14 | 簡単で美味しい料理

かぼちゃのスープ

今月はオードブルにキッシュ、デザートにタルトタタンを載せましたが、今日はスープです。スープは日常には欠かせないメニューですが、日本では代表的な味噌スープのほかに地方色豊かなスープはいっぱいありますよね!フランス料理では、ポタージュはスープ類の総称でその中に澄んだスープ(たとえばコンソメスープ)とろみをつけたスープ(野菜や甲殻類をピューレ状にして作る)があります。フランスでスープといえば、家庭でつくれる簡単なスープで呼ばれることが多いようです。そういえば、先日レストランってもしかしてフランス語??と疑問がわきフランス語の料理辞典を調べるとやっぱりそうだった!!しかもスープに関係していたんです!!それによると1765年ごろパリのパン屋さんが店のスープをrestaurant(restaurer元気を回復させる)と名ずけ素敵なレストランを売りますと看板に掲げたところからきたようですよ!なるほどねー!
[PR]
# by vanve1013 | 2006-10-11 12:29

玄米チャーハン(genmai cha-han)

私は納豆が昔から苦手でそのレパートリーも余りありませんがこのチャーハンだけはよく作ります。健康のため毎日は食べたほうがよさそうですが、1週間にせいぜい2度ぐらいかなー?しかし玄米は大好きなので好物と合わすと食べられそうです。大名の有機野菜にこだわったレストランとやらへ行った時、一生懸命中身を調べましたが、私なりにアレンジして作りました。実物はもっと真っ黒でした。

d0087639_16364639.jpg<材料>
玄米   1人前
納豆   1パック
しそ   10枚
梅干   1こ
ゴマ   大1
のり   適当
長ねぎ  1本
ゴマ油
[PR]
# by vanve1013 | 2006-10-10 16:43 | 簡単で美味しい料理

タルトタタン?

フランスの古城で有名なロワール河流域のソローニュ地方の有名なお菓子です。名前の由来は、タタン家の姉妹が作ったのでそこからタルトタタンの名前がついたのだそうです。
日本のアップルパイとは見かけも味も全然違います。私も秋が来ると毎年すぐ作り始めます。それは紅玉が出始めあっという間になくなるからです。私が教室をしていた時最後のクラスになると長野県産がなくなり青森産になっていて1ヶ月ほどで消えてしまいました。もし、あっても値段がものすごく高くなるからです。あるとき市場のおじさんに尋ねたことがあり、その説明によるとお菓子屋さんが買い占めてなかなか確保するのが難しいと言っていました。紅玉の酸味がお菓子には最適と言う事でしょうね。あめ色になるまでしっかりとりんごを焼いてからパイ生地を載せて焼くというシンプルですが難しいお菓子のひとつです。
[PR]
# by vanve1013 | 2006-10-09 16:03 | 日記

秋のテーブルセッティング

昨日はフランス語の学校で知り合った若い友人たちを夕食にご招待しました。せっかくなので早めに来てもらって一緒に作りました。久しぶりに若いエネルギーが部屋中にあふれ、話題も昨日のおば様たちとはぐっとかわり‘どうして結婚しないの?’彼氏いるの?会社の話、ファッションの話そして運勢!夜遅くまで延々とつずき自分が年であることも忘れて楽しいひとときを過ごし、今度は豆レストランへ行こうね!と約束してわかれました。5日が誕生日だったので持参してくれたMargaux で乾杯!!おいしかったなー63歳になったIZUは幸せのひとときを過ごしました。昨日の献立はチーズスレ、かぼちゃのスープ、サラダ、ジャンバラヤ(まだ凝っています)タルトタタンでした。
d0087639_8565572.jpg

[PR]
# by vanve1013 | 2006-10-09 09:00 | 日記

ジンジャーエルのレシピー

前回私のブログで生姜糖の作り方を紹介しましたが、先日NHK福岡の夕方の放送を何気なく見ていたらジンジャーエルの作り方を紹介していました。私も自分で作れるとは思ってなかったので早速試してみましたが、これもいと易し!でした。私は生姜糖からジンジャーエルを作っていましたが、これは逆バージョンでジンジャーエルからも生姜糖が出来ます!!昨日の軽いランチにも出して好評でしたのでぜひ作ってみてください。ワインやお酒に弱い人をご招待したときに見かけがワインみたいなので、同じ雰囲気でお食事をたのしんでもらえます。

d0087639_920986.jpg<材料>
生姜        60g
グラニュー糖    150g
きび砂糖      50g
水         1C
唐からし      3mmほど
シナモンスティック 2センチほど
クローブ      3mmほど
炭酸水       適当

作り方はこちらへ
[PR]
# by vanve1013 | 2006-10-08 09:29 | 簡単で美味しい料理

生地の写真を全部やり直し

先日生地の工程の写真が消えたので、今日は全部削除して最初からやり直しました。明日の朝無事写真があるべきところにあるか?どうか?
今日は水彩画のお友達を軽いランチにご招待しました。具沢山の野菜スープ、キッシュ、アボカドのサラダ、デザートはイチジクの白ワイン煮ゼリー固めでした。娘も私が渡仏したときキッシュを作ってくれました。彼女の具の中身はポアロー(長ネギみたいなもの)をゆでてベーコンとチーズを入れたものでした。パリのスーパーでは丸く伸ばした生地を丸めて売っていて折りパイと練りパイの2種類あります。娘も重宝しているらしく、冷蔵庫から取り出したら型へさっと敷き、フォークで軽く生地をつつき、なんと直接具をしきこみ焼いたのにはびっくり!!私はNAOの3分クッキング!となずけて興味深く観察したものでした。
[PR]
# by vanve1013 | 2006-10-07 22:26 | 日記

写真が消えている!!

昨日 写真をアップしてやれやれ出来たと思い今朝ブログを空けると写真がひとつ消えてまたやり直し、再度またブログをあけると今度は別な写真が5枚消えている??どうしてー!
またPC教室で聞かなくちゃ!消えた写真いったいどこへ??まだまだ未熟者のIZUです。
[PR]
# by vanve1013 | 2006-10-06 10:18 | 日記

なぜブログ?

シニアネットの5回目のブログ作成講座もおわり、スタッフの皆さんの暖かーいご支援でなんとか終了できました。まだまだ完成度にはほど遠いものがありますのでこれからも大手門教室のQ&A講座に通ってパソコンライフの楽しみを習いたいと思っています。
私はフランス家庭料理教室を15年間主宰してきました。教室の生徒さんには復習をかねて、まだフランス料理の作り方を知らない方たちには、知識と作り方を学んでもらいたいとブログを立ち上げました。エー家庭でフランス料理を!!という声が聞こえてきそうですが、皆さんが想像しているレストランのあの芸術的なものでなく、ごく普通のフランス人が食べている料理です。教室ではレストランと家庭料理の中間位を教えていましたので、これから紹介していく料理の中でこれなら作れるわーと思うものをチョイスしていただけたらと思います。
[PR]
# by vanve1013 | 2006-10-03 08:47 | 日記