いわさきちひろ展

d0087639_10532099.jpg


友人のM子さんと北九州市立美術館へ十年ぶりに行きました。当時は鉄筋コンクリートも真っ白だったけど大分外見は黒ずんでいましたが私の好きな美術館の一つです。そのユニークな外観もそうであるが中の設計も自然の中に佇んでいて癒しの空間が広がりさりげなく置いてあるオブジェもセンスが感じられます。天神から高速バス直通でシニアのグランドぱすを使うと往復千円で行けるのでこれも有難いことです。丁度お昼についたので美術館のイタリアンレストランで昼食をしましたが味もgood!席も窓際だったので市内が一望でき、まずは満足!
そしてちひろ展の会場に入るとあの馴染みのちひろワールドが広がり一つ一つじっくり見ること2時間そして黒柳徹子のとっとちゃんの絵の挿絵は、ちひろさんが亡くなってからイメージにあった絵をつけたことを初めて知りビックリ!常設のコレクション展もみて福岡に着いたのが夕方6時でした。心もお腹も満たされた大満足の一日でした。
[PR]
by vanve1013 | 2012-10-17 10:53