カテゴリ:旅( 120 )

Comico art museum yufuin

d0087639_06491371.jpg
由布院の自然の中に溶け込むように建っているこの建築の設計をしたのが隈研吾である。偶然歯科医院の待合室で目にした雑誌に載っていたので由布院へ行こう!と思ったのはこの美術館をみたいのが主な目的だった。
昨年10月NHN JapanというIT会社が設立したというが主にアニメ、ゲームなどを手がけている会社らしい。完全予約制で私達も3時からのツアーを申しこんで旅館に荷物をおいて其の時間に出かけた。
中の展示品はポップアーティストで有名な村上龍の作品が6点、杉本博司の写真が5点あるだけの小さな美術館であるが案内付きなので建物の説明から作品まで丁寧に説明してくれ興味深かった。私は漫画、アニメ、写真も全く興味も無かったが違う世界を覗いてみるのも面白かった。
2階のカフェテリアでは温かいほうじ茶のサービスがありここから眺める由布岳の景色(前ページの写真)は素晴らしく友人のOさんはあまり展示品には興味は見せずここが一番良かった!と感激していた。






[PR]
by vanve1013 | 2018-06-25 07:39 |

由布院へ行きました。

d0087639_06114391.jpg

Comico art museumの2階カフェテリアから由布岳を望む。

2014年以来の由布院です。
健康増進ホーム(旧厚生年金保養ホーム)が閉鎖されたので今回は憧れていた旅館へ旅友のOさんと2泊することになりました。
由布院のバスセンターでおりお昼をすることに。ネットで調べて親子丼のとと屋へいくとあいにく
定休日で残念だったが其の隣の冷麺が美味しいと地元の人から情報をゲット。これが絶品だった。
人混みをさけ川沿いを歩いていると隈研吾さんの設計した美術館が見えてきた。ここは数年前
までは私の大好きだった由布院美術館があった場所である。となりのペンションもなくなっていた。
由布院は母が元気な頃10年以上、年に2回長期滞在に訪れた場所であるので裏道まで知り尽く
しているが今回は観光ではなく主に旅館でゆっくりと過ごすことにした。






[PR]
by vanve1013 | 2018-06-24 08:40 |

佐賀の七ツ釜

d0087639_17310893.jpg


d0087639_17313224.jpg


d0087639_17315799.jpg

七ツ釜は唐津市の北部に位置し、玄界灘の中にある国定公園内に位置し玄武岩が荒波で侵食されて出来た景勝地です。以前から行きたいと思っていたので天気予報を見て朝はやく出かけました。久しぶりの呼子では昼食はいかの刺身丼を頂きました。折角なので温泉に入りたいと国民宿舎に1泊することに。ラッキーなことに夜は無料のホタル見物のツアーがあり8時に集合して全く街灯も人家もない山奥にはいり素晴らしいホタルの乱舞を見られて感動しきり!
今朝は観光することもないので早めに帰宅しました。


[PR]
by vanve1013 | 2018-05-26 18:04 |

橿原神宮

旅の2日目は大阪の友人とバス旅行で吉野に行きました。
最初にルビーイチゴの完熟のいちご狩り、次に神武天皇を祀ってある橿原神宮をお参りして吉野千本桜を見に行きましたが予想通り山全体に桜は残っておらずがっかり!それでも新緑の中を友人と話ながら楽しいひと時を過ごせたのはよかったかなと思います。その後大阪造幣局の桜の通り抜け最後の日だったのですが、桜も半分ぐらいは散っていましたが、遅咲きの桜(鎌足)が見事に咲いていたので嬉しいでした。

橿原神宮で買った小冊子はとてもわかり易く帰りの新幹線の中で読みましたが我が国のなりたちからいかに皇室が文化、学術、芸術を大事にされてそれを引き継いで来られ、今も私達がその恩恵に授かっているかを教えられ興味深く読みました。


d0087639_21533124.jpg



d0087639_21534664.jpg

[PR]
by vanve1013 | 2018-04-19 21:57 |
今年は桜が早く咲いて京都へ行っても見られないかもと思いながら、もしかしたら遅咲きの桜を見れるかもとネットで調べたらありました。
原谷苑は洛北の原谷の不毛の土地を開拓して昭和32年から数百本の桜や花木を植えたのが原点だとか。
期待半分、不安半分で出かけましたが期待以上に桜も残っていて今年も美しい桜が見れて感動しました。丘一面がまるで植物園みたいで季節の花が咲き誇りまるで地上の楽園のようでした。この後4年前金箔が塗り替えられたというピカピカの金閣寺をみて半日の京都観光を終えホテルへ戻りました。

d0087639_21170529.jpg


d0087639_21154231.jpg



d0087639_21141220.jpg


d0087639_21162812.jpg


d0087639_21145309.jpg


d0087639_21151538.jpg


d0087639_21174471.jpg




[PR]
by vanve1013 | 2018-04-18 21:11 |

世界遺産 宗像大社



d0087639_21054342.jpg



友人のO様に宗像大社に行ったことがないと話をした所娘さんが宗像在住なので案内してもらうことになり今回初めての訪問となりました。博多駅から特急きらめきで20分あっという間に赤間に着きました。娘さんが駅に迎えにきてくださりあちこち車で名所を紹介してもらったあと最後に宗像大社と沖の島の神宝館をゆっくり見物しました。数年前訪れた出雲大社や伊勢神宮と同じく鎮守の杜を散策してパワーをもらい又明日からがんばろうと元気がでました。

帰りは福岡の自宅まで送って頂いた友人の娘さんには感謝!感謝です。楽しかった~~。ありがとうございました。








[PR]
by vanve1013 | 2018-03-02 22:09 |

久しぶりに糸島半島へ

d0087639_21061240.jpg


d0087639_21062935.jpg


リビングに置く新しいプラントを買いに今朝出かける前に糸島在のフランス人の友人に事情を話すと迎えに来てくれるというので8年ぶりに再会することになった。
毎年年賀状での挨拶程度の付き合いだったけど時間の隙間は感じないほど会話も弾み、違ったのは彼の日本語が流暢になり白髪が増えたぐらいだ。私がフランス語を話す機会もなかった!
結婚以来奥様が働き彼が主夫をし子育て、ネットデザイナーの仕事、家の中の家具を作り、おまけに畑仕事もし野菜は買わなくて済むそうだ。
更に驚いたのは梅干し、たくあん、ジャム、シュークルート用キャベツの塩漬け、生姜の甘酢浸けなどなど家族の健康に心配りをする主婦以上の主夫だった。彼の自宅でお茶をしたあと家から歩いて5分の海辺を散歩したら芥屋の大門(国指定の天然記念物)が見えてきたのでパチリ!夜になるとこのさざなみの音を聞きながら寝るそうだ。羨ましい~。
帰りに手作りのジャムや梅干しを頂き帰途に着いた。今日も楽しい半日をありがとう!友人に感謝!感謝!





[PR]
by vanve1013 | 2018-01-21 21:46 |

秋の京都へ

d0087639_18513993.jpg

京都に着いた頃から何故か声がでなくなり完全に気管支炎を発症してしまいました。京都ではパリ友のmayumiさんと落合い一緒に紅葉狩りを楽しみました。予報では雨でしたがラッキーなことに見事に晴れて心地よい気温でした。
東福寺の開園時間の8時半に着くように出かけたら全く待ち時間もなく境内に入れました。見晴らし台は撮影禁止だったので下から見晴台を見ながらパチリ!どこもかしこも紅葉が素晴らしい!そして東福寺の重森三玲の庭園も見られ感動しました。

その後源光庵へ行くと北の方向のせいか一層紅葉の赤の色が鮮明で美しい。是非見たかった悟りの円形の窓から見える紅葉と四角の迷いの窓の紅葉が見られてよかった。
その後大徳寺へ。高桐院は修復中で入れず、瑞峯院<キリシタン大名の大友宗麟菩提寺>でお抹茶と大徳寺納豆入り干菓子で一服する。
しかもここにも重森三玲の庭園が見られたのも嬉しかった。帰り道大徳寺納豆もゲットして早めに宿に戻り北野天満宮のライトアップに備えた。

2日めは昨日の疲れが残り曼殊院に寄っただけで紅葉狩りは終了。ランチはさば寿司で有名ないずうに寄ったが入ってから1時間待ってようやくお寿司が食べられた。その後国立京都博物館へ行ったが長蛇の列で断念して錦市場へ。京都駅で友人と別れ私は博多行きの新幹線に乗り帰宅した。






[PR]
by vanve1013 | 2017-11-28 19:16 |

 ポーラ美術館

d0087639_17530862.jpg


箱根2日めはポーラ美術館に行きました。丁度開館15周年記念展をやっており19世紀半ばから20世紀半ばの100年間に活躍した画家の作品の中から厳選された100点<西洋絵画71点、日本の洋画29点>が展示されていました。私の好きなマティス、ヂュフィ、ルドンなどなどあり大満足しました。その後併設されている遊歩道を散歩して昼食は富士屋ホテルの有名なカレーを予約してあったのでランチを取りました。昭和天皇が愛されたというだけに昭和の香りのする昔懐かしい味でした。
午後に京都へ向かうので箱根登山鉄道に乗り小田原駅へ。その道中、列車の中で中年の女性3人と相席した時、嫁ですと紹介するとびっくりされて<奥さん!姑と一緒に旅行する嫁さんは少ないですよ!宝くじを当てましたね!>と言われたので<大当たりでした>と答えました。
そして小田原で嫁さんは東京へ私は京都へ向かいました。




[PR]
by vanve1013 | 2017-11-28 18:38 |
d0087639_13222439.jpg



d0087639_13214727.jpg


ホテルについた時は夕方5時頃だったと思うが周辺はうっすらと暗くなりかけていた。上京する時に読んだANAの雑誌の特集に丁度このホテルの紹介がされておりバームクーヘンのようなホテルと記されており外から眺めてみて納得!バームクーヘン風建物が渡り廊下を挟んで2個ならんで木々の中にひっそりと佇んでいた。バームクーヘン風と言うのは中が空洞になっていてそこには植樹されていた。
客室のベランダ側からは芦ノ湖と富士山も見えた。村野藤吾さんが80歳を過ぎてから設計したと言うから驚きである。円形状になっているのでお風呂に行くのも隣の棟に渡りそこから一度外に出て行かなければならずその辺は昔の建物で仕方ないが、やたらとぐるぐるあるきまわってやっと部屋にたどり着いた。方向音痴の人は私以外も沢山いるらしいことを聞いてそれも楽しい旅の思い出としよう。




[PR]
by vanve1013 | 2017-11-28 14:23 |