カテゴリ:フランス料理( 28 )

真鱈のブイヤベース

d0087639_18132383.jpg

写真が暗くなってしまって残念!最初に魚のだし(フュメ)を取ってから鱈、サフラン少々、トマトを入れるだけです。本来は数種の魚介類などを合わせるのですが今日は単品で作りました。結構鱈から良いだしが取れたので美味しくできました。残りはさてどうしよう~。
計画的に買い物をしないと毎日同じものを食べる羽目になるので反省しきり。つい衝動買いをしてしまいました。

前記のおらおらでひとりいぐもを一気に読み終えました。主人公の桃子さんが私と同じ歳のせいか共感する場面が多く最初は東北弁が読みづらいでしたが段々なれて濁点を除けばそんなに難しい文章でもなく、この歳にならなければ分からない寂しさ、家族との関係、身体的衰えなどなど。まだ作者は60代なのに人間観察がすごいな~と感心した。




[PR]
by vanve1013 | 2018-02-19 18:39 | フランス料理 | Comments(0)

鶏の砂肝のサラダ

d0087639_21102283.jpg


朝起きると薄っすらと雪が積もっていたがすぐ無くなってしまった。今日は家にこもってHP作りや料理をして過ごしました。

生協で頼んだ砂ずりはスライスしてあってとても便利なので今日は簡単に出来るサラダを作りました。
作り方は簡単!オリーブオイルで砂ずりを炒めてにんにくもみじん切りを加え味を整え赤ワイン酢を加えたら用意しておいたサラダに
上からかけるだけです。教室では油はピーナッツオイルでビネガーはシェリービネガーで作りましたが家にあるもので十分です。
ぜひお試しあれ!




[PR]
by vanve1013 | 2018-02-04 21:49 | フランス料理 | Comments(0)

鶏のレバーのサラダ

d0087639_21404644.jpg



先日本屋さんで見た鶏のレバーのサラダが私のレシピー(H17年7月掲載)と分量も作り方も全く同じだったが
唯一ちがったのがトッピングにいちじくが乗っていた。それもそのはず同じ料理学校のコルドンブルーのレシピーだった。

写真が余りにもきれいだったので今回いちじくを乗せてみようとトライしました。








[PR]
by vanve1013 | 2017-10-11 22:00 | フランス料理 | Comments(0)

牛肉の赤ワイン煮

d0087639_13362715.jpg

  自分の誕生日に牛肉の赤ワイン煮を久しぶりに作りました。フランス料理で言うと牛肉の赤ワイン煮ブルゴーニュ風です。正式にはマッシュルームと小玉ねぎなどを添えますが、家庭料理ではポテトや人参を添えます。簡単に出来て前もって準備できるので知っておくと便利です。近いうちにHPにアップしますね!




[PR]
by vanve1013 | 2017-10-08 13:27 | フランス料理 | Comments(0)

とうもろこしの冷製スープ

d0087639_10155479.jpg



昨晩とうもろこしのポタージュを作ったので今朝は牛乳を足して冷製スープでいただきました。
食欲のないこの時期ピッタリのスープ。

作り方は簡単です。とうもろこし1本を包丁で削って身だけにしておきます。バターで玉ねぎのみじん切りを加え炒めたらとうもろこしの身を加えブイヨン(固形1本加え)2C加え5分ほど煮たらミキサーにかける。牛乳は好みで足す。それを濾して出来上がり!

ちなみにじゃがいもで作るとビシソワーズになります。今の時期是非で生で作って貰いたいですが冷凍でも同じく出来ます。






[PR]
by vanve1013 | 2017-07-31 10:26 | フランス料理 | Comments(0)

鶏のレバーのサラダ

d0087639_22305375.jpg

昨日スーパーでいかにも新鮮で美味しそうなレバーを買ってきたものの何を作ろうかと思い昔のノートからレバーのサラダを見つけ家にあるもので作ってみました。本当はフォアグラのが乗っているのだがそれを省いて安価な鶏のレバーのみで作りました。作り方は簡単なのでレバーの好きなひとはお試しあれ!


鶏の肝200g「塩、胡椒しておく)
エシャロット<玉ねぎで代用> 小1個
シエリービネガー<赤ワインビネガーで代用> 大2
バター 30g<レバー用> 
野菜サラダ プリーツレタス あるものでOK 

<作り方>
オリーブオイルで薄切りにした玉ねぎを炒め少し色づくまで炒め取り出す。バターを足し鶏のレバーを炒め赤ワインビネガーを入れ煮詰める。サラダを敷きその上に玉ねぎとレバーを置き塩とオリーブオイルをかけて混ぜる。

レバーは余り火を通しすぎないことが大事です。



[PR]
by vanve1013 | 2017-07-30 22:23 | フランス料理 | Comments(0)

サーモンとアボガドムース

d0087639_14590404.jpg


昨日は鹿児島、久留米、福岡市の生徒さん3名来訪されたので久しぶりにフランス料理を作りました。メインとデザートは以前しておいたので簡単でしたが今回は鹿児島で教室を主宰しているAkikoさんがサーモンとアボガドムースを紹介してくれました。私の教室でも赤ピーマンのムースを教えましたがこれは彼女のレシピーです。

大体ムースといえば生クリームを使うのですがこれはヨーグルトを使ってありさっぱりといただけますしとてもヘルシーな料理だと皆他の生徒さんも大喜びでした。新しいメニューに挑戦しながらAkikoさんの教室も10周年を迎えたとのことで嬉しい限りです。
ただスモークサーモンがこの近辺のスーパーになくてやっと近くのイオンにあったもののテリーヌにしたかったのですが小さいサイズしか見つからず継ぎ接ぎだらけになって残念!又再度大きいサイズが見つかったら作ってみようと思います。



[PR]
by vanve1013 | 2017-06-24 15:19 | フランス料理 | Comments(0)

テスト アサリのパイ包み

もう一度昨日のおさらいをしましたがブログに載せると字が小さくなることがわかりました。
やはりHPのほうが良さそうです。
d0087639_15095663.jpg


[PR]
by vanve1013 | 2017-06-10 15:11 | フランス料理 | Comments(0)

お米とヤリイカのサラダ

d0087639_15081571.jpg


このお米のサラダは本来はツナを使ったサラダを私がアレンジしたものです。フランスではお米は野菜の扱いなのでメインの付け合せやサラダ、スープ、そしてデザートにも使われる幅広い食材です。

昔モントリオールに住んでいた時、フランス系カナダ人で夫の研究所の同僚に呼ばれた時びっくりしたのはデザートがお米にフルーツを入れてはちみつと生クリームを泡立てたものをごちそうになったことがありました。あま~いと感じたもののお呼ばれに残すのは失礼だと思ってその時は完食しましたが数年経って同じ人に招待されて又同じものが出た時には2度びっくりしたことがありました。お米のサラダを作るたびに40年前のことが想い出されます。日本人だからお米が喜ばれると思ったのでしょう。その気持はありがた~く頂きました。
偶然ですがランチョンマットはケベック織りで数少ない私のカナダの思い出の品です。



[PR]
by vanve1013 | 2017-06-04 15:29 | フランス料理 | Comments(0)

鯛のロースト バージンソース 

d0087639_17435251.jpg

d0087639_17441964.jpg



今日は生徒さん2名来訪され久しぶりに一緒にフランス料理を作りました。天然鯛に衣をつけてオーブンで40分焼きバージンソースをかけて頂きます。前回失敗したので今日は慎重に作り大成功!包む皮は小麦粉、卵白、塩で作ります。和食の塩釜みたいなものです。
お腹に生のフェンネルやタイムを詰めたので焼いている間も部屋中に香りが広がり幸せな気分になりました。
その他鶏のバスク風煮込み、ヤリイカとお米のサラダを作りました。時間がなかったのでデザートは戴き物のチョコレートと二鶴堂さんの博多ポテトでした。教室を閉じてから時々こうして生徒さんとの交流を計って楽しんでいます。




[PR]
by vanve1013 | 2017-05-28 18:02 | フランス料理 | Comments(0)